READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
緊急支援型
成立

マッピングを用いた情報インフラの整備で熊本地震を援助します。

古橋大地(Crisis Mappers Japan代表)

古橋大地(Crisis Mappers Japan代表)

マッピングを用いた情報インフラの整備で熊本地震を援助します。
寄附総額
590,000
寄附者
139人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2016年04月19日 18:17

Q&A:クライシスマッピングの結果はどこで見れますか?

Q: クライシスマッピングの結果はどこで見れますか?

 

A: 個人的によく使うのはEvernote地図です。オフラインにも強いメモツールとして有名な Evernote ですが、メモした時の場所や住所を入力しておくと、そのメモをオープンストリートマップの上に展開してくれます。この地図レンダリングはmapbox社のリアルタイム地図描画システムが担当していますので、我々のクライシスマッピングの結果がすぐに反映されます。それ以外にも Foresquare、Pinterest、GitHub など多くのサービスの地図が実はオープンストリートマップを利用したものです。

 

被災地でインターネットに接続できない環境でも、オフラインで安心してメモ書きできるEvernote活用は、現地での情報管理に役に立つはずです。

一覧に戻る

ギフト

1,000

1千円支援コース

≪ご支援いただいた金額をすべて、緊急支援費として大切に使用させていただきます。≫

・サンクスメール

寄附者
66人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

5,000

5千円支援コース

≪ご支援いただいた金額をすべて、緊急支援費として大切に使用させていただきます。≫

・サンクスメール

寄附者
45人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

10,000

1万円支援コース

≪ご支援いただいた金額をすべて、緊急支援費として大切に使用させていただきます。≫

・サンクスメール

寄附者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

30,000

3万円支援コース

≪ご支援いただいた金額をすべて、緊急支援費として大切に使用させていただきます。≫

・サンクスメール

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

100,000

10万円支援コース

≪ご支援いただいた金額をすべて、緊急支援費として大切に使用させていただきます。≫

・サンクスメール

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

プロジェクトの相談をする