Readyfor?14日目、後19日間。

 

 

週末は浅草で人力車を引いています。

詳しくは過去記事より

https://readyfor.jp/projects/Co-Dreamer/announcements/5849

 

 

当然、日曜日の今日もお仕事で引いてきました。

 

僕は人力車の仕事が大好きで、乗車したお客様の笑顔が欲しくて仕事をしています。

 

 

 

 

今日はある家族3人を乗せました。

30代のお父さんとお母さんと、2歳の男の子の赤ちゃん。

 

 

赤ちゃんは泣き始めました。

 

見たこともない人力車に乗ることに驚いたのでしょう。

始めは大声を上げるだけだったのですが、目からは大粒の涙がこぼれてきました。

 

両親は不安そうな顔をして僕を見る。

 

僕は言う。

「大丈夫、僕を信じて下さい。」

 

 

人力車に乗って走り始めた途端、泣き声は止まります。車上に爽やかに吹き付ける冷たく乾いた晩秋の風、いつもとは違う目線から見る景色。

 

泣き止む赤ちゃんの目には、どんな美しい世界が広がっているのでしょうか?

 

あまりに乗り心地が良いので、10分もすると赤ちゃんは寝てしまいます。人力車は大きなゆりかごのようです。

 

お父さんもお母さんも人力車を楽しんで喜んで、心からの笑顔がこぼれます。それを見て僕も嬉しくて、笑顔がこぼれます。

 

仕事で欲しいのは笑顔です。

 

どんな仕事も、あなたがしている仕事も誰かの笑顔に繋がります。

 

 

 

 

 

浅草に住んでいる可愛い柴犬のさくらちゃん

会う度に僕を笑顔にしてくれます。

貰った笑顔は誰かに倍返し。

 

新着情報一覧へ