プロジェクト概要

私が苦しい時に助けていただいた、「新潟のヒーラー長場さん」その方のエネルギーをもっと多くの方に届けたい!そこで私が長年培ってきた洋服づくりの知見を活かし、まずは身近な友達が求めているモノづくりをすること。エネルギーを配置した特製のストールで新しいブランドを立ち上げます。この度Readyforさんのお力をお借りし、クラウドファンディングで先行販売します。ぜひこの限定の機会にお手に取って見てください。ご支援お待ちしています。

 

 

DRAGON FLOWER
Readyfor 特別ストール


今回のストールは、サラリと肌触り良くドライ感が特徴の素材を使っています。古布柄をリデザインし、カジュアルでもエレガントな服装にでもマッチするように仕上げました。一番大きな特徴としては、特殊な能力をもつ長場心治さんのエネルギーを古布柄とコラボさせ、ファッションと同時に見えない力を

取り込んだところです。

 

お値段は、ストール一枚今回は20,000円でご購入できます。ぜひ様々なメニューをリターン一覧よりお選びくださいませ。

 

アパレル不況と言われる中で、
新しいプロダクト
を拡げていきたい!

 

初めまして、藤田美和子と申します。創業から50年を過ぎました婦人服店の二代目オーナーをしています。私が父から経営を引き継いだ少し前から、私の住む朝倉市にもたくさんあったアパレル関連のショップが次々と姿を消してしまいました。

 

もといた商店街のなかだけでも、かつて20店舗以上もあったアパレルショップが

商店街から移転する頃には私のショップだけが残った状態で...。あとは呉服屋さんのなかに半分洋服を販売されているという感じの店舗が残り全部で3店舗だけになっていました。

 

ファストファッションが主流の今、うちの様なセレクトショップが営業を続けてこれたのは、質感や着心地を体で覚えてしまっている本物志向のお客様が集まってくださっていたお陰だと感謝しています。
 

時代は変化し、既存の大きなメーカーでも大幅なリストラが行われたり、賑やかに展示会が行われていたファッションビルも、空きスペースが目立ち、このまま、以前の仕事スタイルを続けるのは絶対に無理だと感じています。だとしてもどのように変化していけばよいのか。シルエットの綺麗な上質のボトムを作るのは時代錯誤ですし、かと言って何ができるのか...。

 

そんな時、ある方との出会いが、新しいファッションブランドを立ち上げるきっかけになりました。

 

毎日元気で仕事が出来る私がいます、エネルギーに感謝です!
    早速今回のマイナスの波動を寄せ付けないストールを
身に付けて仕事をしています。

 

苦しい時に、助けていただいた人がいました。

 

今から10年くらい前に、母が難病になり多くの仕事と多くのスタッフさんを抱えていた私は、オーバーワークで母を看取った後、私自身に様々な不調が起きてしまいました。最後は膠原病予備軍と診断され、体の痛みや頭痛だるさに味覚異常までおきて、この先仕事が続けられなくなったら一体どうなるのだろう?シングルの私は、生まれて初めて生きる事への不安や絶望を感じました。

 

症状は出たりやや治まったりの繰り返しでした。ひどくなったらステロイド以外何の治療もない膠原病、だったら呼吸法、瞑想等もやってみようと実践してみました。やや効果を感じ食べ物の味もずいぶん正常になってきてましたが、しばらくするとまた、だるさや味覚異常は繰り返し現れていました。

 

その後、症状がやや治まっているときに、あるセミナーの宣伝がネット上で目にとまり、即申し込みをしていました。今思い出すと、「人生を変える!」この言葉が当時の私にはとても大きく心に響いたのだと思います。仕事のことも、これからの自分の生き方においても、すべてに変化を求めてさまよっていたような気がします。

 

そのセミナーでは多くの仲間に出会え、期間中最初と最後のパーテイでリアルに会う以外は、ほとんどがFBの投稿でのやり取りでした。

ある日、あるメンバーがさらりと「ヒーラー長場さん」という言葉を書いているのを読み、目がクギ付けになった瞬間を今でもよく覚えています。ほとんどの仲間は気が付かなかったらしいのですが、私はなぜかその一行から目が離れず投稿した仲間にその場で連絡を取っていました。

 

こちらは勉強会での長場さんです。

 

すぐに長場さんと繋がることができ、私は自分の体のことを全部お伝えして、ヒーリングというものを体験したいとお伝えしました。どうせ治療のない病気なら、ヒーリングというものをうけてみようと思ったのです。当時の私は半信半疑、気休めだったにちがいありません。

 

まず、福岡に住んでいる私がどうやって新潟の長場さんからヒーリングを受けることができるのか?不思議でしたが、携帯で繋がることができればうけることができるのです。予約をしてからすぐに紙のお札が3枚送られてきます。

 

ヒーリング当日は、出来れば横になれる場所が一番良いです。横になったまま、携帯はスピーカーにしておき、長場さんの指示通り3枚のお札を頭頂部などにおいてスタートします。お札を置く場所はその時の状態で変わってきます。リラックスして、エネルギーを流してもらうのですが、この時、体がとても温かくなることが多いです。私はよく居眠りしてしまいます。

 

長場さんのヒーリングはこのお札を使っているのが特徴で、これは他のヒーラーさんには見られないものです。

 

最初に2回ほど受けた時には特に何の変化も見られず、ややがっかりしたのを覚えています。それでも続けたのは、最初に感じた変化が自分の内側、内面をよく感じ取れるように思えたからです。ある時は涙がぽろぽろ流れたり、何かが浄化されていく、そんな感じでした。そして、いつもと変わらず特に何といって変化がないと思っていたある日(多分5回目くらいです)頭痛もしないし、だるさもなく、食べることに違和感を感じなくなっていました。これは、驚きと大きな喜びでした。

 

あれから2年近くたちました。普通に働けて普通に食べれる私がいます。あの頭痛も体のひどい痛みも味覚異常も戻りません。こんな日が来るのを本当に願っていました。そして信じていました。

 

こんな話は信じがたいでしょう。私だって体験しなければそう思います。長場さんのホームページには、現役の医師がご推薦文を書いてあります。

 

ホームページ:http://www.nagabashinji.jp/about.html

 

本当に自然体の長場さん。静かに淡々とSOSの人達に向かい合っています。しかも、毎日とにかく研究と勉強の日々を過ごしてあります。

 

「おふだ」から気づいたこと。
そうだ、エネルギーをファッションにして
身に纏ってみよう!

 

ある日、私がヒーリングを受ける時に使用するお札(おふだ)がボロボロになったので、「もう使えませんか?」と尋ねた所、「破れなければ大丈夫なので、セロテープで補修したら良いですよ」と。

 

そんなある日、元々創作的なことが好きな私は、ふと思いつき、長場さんに「お札が紙ではない素材だともっと使いやすいですよね?と提案してみたところ、「それは良いですね」と言っていただけたあたりから、試行錯誤色んなエネルギーを出していただいて、どんな風に便利に使えるか!という実験の様な事が始まりました。

 

最初はほんとに自分自身の使い勝手のことから試作していたのですが、長場さんのヒーリングを受けてある方にも、外側を使いやすく楽しくアレンジ(もちろんエネルギーはそのままです)したものをご紹介したところ、とても喜ばれたので、そのあとOFUDAを色々なスタイルに変化させて作るようになりました。

 

おしゃれにする必要性は、紙のお札だと怪しい宗教みたいなものと誤解されるのも困りますし、どうせなら遠慮せず、かっこよく使ったほうが楽しいと思ったからです。

 

こちらは、最初にOFUDAをチャーム仕様にしたものの一つです。中にリアルおふだが入っています。出勤時に胸のポケットにいれておいて、会社のデスク上でミネラルウォーターのボトルにかけて、エネルギー転写して使われています★

 

 

外側をスタイリッシュにしあげることで、使いたい人がのびのびと使えるようになっていきました。

 

長場さんのエネルギーの使い方は独特でお札を使い遠隔でヒーリングをされる他に、お札自体が色々とよく働いてくれるんですね。なので、そのエネルギーの使い方で様々なプロダクトが出来ると思い、アパレルにも繋げられないか?と考えた時に出てきたのが、「邪気を寄せ付けないストール」エネルギーを纏う!進化型アパレル、DRAGON FLOWERの誕生です!

 

早速下記のように、邪気を寄せ付けないエネルギーをカスタマイズした形を古布のアレンジとコラボさせた、エネルギーを纏うストールの一点などを作ってみました。

 

「DRAGON FLOWER」のこだわり、
そして多くの方に楽しくスタイリッシュな形で
エネルギーをお届けしたいと考えています。

 

きっかけ〜デザイナーさんとの出会い

 

このエネルギーをカスタマイズしてストールを作るという企画は、1年くらいかけて企画していたものなんですが、既製の生地では納得するものに出会えず、いっそ生地のプリントからやってみようということになりました。

 

しかし古布柄をスタイリッシュに、艶やかに、今のファッションにもマッチするというイメージがなかなかデザイナーさんに伝わらず、まったくイメージとは違う形で送られてくるデータを見ては落胆し、二回ほど中断してしまいました。

 

そんなある日、知人が福岡に帰省し、ふらりとお店によってくれて色んな会話をしていると、デジタルプリントならここしかない!というような会社を紹介してあげるよ、ということでいきなりデジタルプリントの素晴らしい会社と繋がることができたのでした。本当に奇遇な出来事でした。

こちらは、古布の原柄です。

 

こちらがリデザインしたものです。

 

 

プリント生地探し

 

古布柄は着物の為、ストールにした場合には無地の部分が広すぎたり、ストールには不向きな柄も一緒になっています。その部分をカットして柄の大きさ配置などを何度もデザイナーさんにお伝えし、その都度とても丁寧にデータ化をしてくださり、一緒に納得のいくような形に仕上げるような作業でどんどんイメージが現実化していきました。

 

ボーダーを幾何学的にせず、やや筆描きの跡を残してほしいとのメッセージにデザイナーさんご自身「なるほど!」と面白がって取り組んで下さり、筆の擦れ跡と適度なポップ感を上手にデータ化していただくことができました。

 

色彩の調整

 

3種類の異なる生地で試してみました。使用感、色彩ともにすべてが全く別の物に仕上がります。左は透け感がありすぎで色もかなりぼやけてしまいます。右は目のつまり過ぎた生地で通気性を感じられず重たく色もくどい感じに出ました。

 

今回使用しているのは、真ん中の素材で発色もちょうど良く、サラリとしたドライ感が特徴です。バッグに入れるときは驚くほど小さくなりシワの心配も全くありません。お洗濯も簡単で、アイロンはいりませんし、高熱には弱いのでかけないほうが良いです。

 

 

あとは、色彩の調整です。色によっては、日本を全く感じられないインポートのプリントみたいになってしまいます。

 

かと言って、よくある日本的すぎる色彩表現では重たくて洗練された出来にはなりません。高級感も残しながらさらりとスタイリッシュに、あるいははんなりと色っぽく、あるいは晴れ着のように可愛らしく...。

 

最初からたくさん作る予算もありませんから、2パターン、2色バリエーションで全部で4通りのものに絞り込みました。

 

色彩を考えるときは、ストーリーを感じながら、そこに色を近づけていきました。そうすると、それぞれが独自の個性を持つようになり全く違うものになっていくのも面白いところです。そうやって、ひとつひとつが仕上がっていきました。

 

 

最後の関門〜エネルギーをどのように配置するか

 

そして最後、最大の課題は、どうやってこの中に邪気を寄せ付けないエネルギーの形を違和感なく配置するか?ということでした。

 

考え抜いた挙句に、「紋」のイメージが浮かびエネルギーの形の背景は濃い色というのが長場さんからの条件だったので、黒に近い日本の藍色を選び一か所に紋のように配置をしてみたら、違和感なく全体が凛とした感じに引き締まり何とも言えない独特なムードを発するように仕上がりました。日本の月夜の様なイメージです。

 

 

これまでお世話になった方々全員で完成へ

 

大量の生地を前にして、縫製工場にだす時間がなかったので、この巻物を一枚一枚ストールの大きさにカットしていく作業が待っていました。

 

そのあとは、うちのお直し担当の女性に縫製をお願いして、裾のフリンジはうちの母が一番かわいがっていたスタッフのOBさんに力を貸してもらい、綺麗に箱にセットするのは今いるスタッフさんが。

 

それぞれが自信を持ちながら進んでいることを実感でき、感動でした。当然、問題はいくつか起きたのですが、一時は二回ほどもお手上げ状態になりながらも、あきらめずにいると驚く様な偶然が重なり、導かれるように進んできたプロジェクトです。一歩も引かない気持ちで乗り越えました。

 

サンプルをもとに少しづつ事前に声掛けし、50枚のうち20枚ほど予約注文をいただきました。

 

エネルギーを入れるという個性的な発想なので、普通にお洋服を販売してる店内ではどなたにでも声をかけるのではなく、ご理解いただけそうな方にお見せすると素敵な柄!といってすぐに予約を下さる方もあり、ずいぶん勇気づけられました。

 

 

さて、どうやって伝えるか?

 

今現在は、リアル販売とベイスというネットのオンラインサイトに掲載させていただいてます。

もちろんオンラインサイトは参加しただけでは、どなたの目にもとまりません。

今現在は、IT苦手な私がFBのビジネスサイトで、どうやったら皆さんに

楽しさが伝わるのか?どうやったら、以前の私の様な人へエネルギーが渡せるのか?本当に表現が難しいものです。

 

ですが、これも全てご縁だと思います。

面白いアニメの出来事のようにノリノリで日常に取り入れていけるように、この度のクラウドファンディングでお手に取っていただければ幸いです。

 

こちらは、ストールをお買い上げ後にFB投稿してくださった画像です


DRAGON FLOWERのストール。
邪気やマイナスエネルギーを寄せ付けないパワーを秘めている。

このストールを纏い感じるのは、自分の内側にあるさまざまな想い、マイナスのエネルギーが浄化されているということ。

外から来るものからは守られ、未然に寄せ付けなければ自分では気づかないことだけど、外側で起こっていることは全て自分の内側に原因があるのだから。その原因から浄化され変わっていく感覚です✨

このストールを産み出してくれている
長場さん✨miwa✨ありがとうございます!
 

ヨガインストラクター摩矢子さま
こちらは、セミナー中の戸川さん


どうしても、長場さんのエネルギーが入ったストールを、セミナーの日までに   欲しいと言ってくださって、女性用のエネルギーを急遽長場さんに男性用へと

調整し直していただきました。

 

 

(戸川さんの感想はこちらです。)

「巻くと背筋がぞくぞくして気持ちがよくすっきりした感じがします。不安や緊張もなくなって堂々とセミナーする事が出来ました。」

 

日本独特な魅力を世界へ

 

フィギアスケートの羽生結弦選手が、「陰陽師」で世界を魅了したように
日本にはミステリアスな美しさも存在します。


神社ブームにも見られるように、私たち日本人にとっても、日本古来の文化が
魅力を放っているように感じます。西洋化の先の近未来は日本的文化が再びブレイクし、世界を魅了する時代が来ることを予感しています。

 

インスタなどで投稿していると、海外の方がフォローされたりコメントをくださることもあり、こちらもFBの宣伝投稿と同じく、より力を入れていきたいです。
そのために、もう少し商材のバリエーションが欲しいと思います。
日本、海外へと「DRAGON FLOWER」の宣伝を拡散していきたいと思います。

 

上にも書きましたように、楽しくユニークでいて、少しミステリアスな

DRAGON FLOWERの世界をストール、OFUDAに留まらず、育てていきたいと思っています。

DRAGON FLOWERはファンタジーが現実になる世界です。

 

こちらは、エネルギーチャームを購入された男性がエネルギー水をのみ、ご自分の体の変化に感動されて奥様、娘様、お母様にと㍛オリジナルOFUDAをご注文いただいたものです。

最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)