先日行った高校での 試供会 の前にみんなに聞きました。
 

『椿の種をひろったことがありますか?』
 
手をあげたのは、11人全員でした。
小学校の行事で体験しているようです。

(さすが!)
 

そしてもうひとつ聞きました。

『椿の油を使ったことがありますか?』

手をあげたのは2人でした。

(やっぱり。。。)
 

種は拾っても
その先のことは知らないようです

 
今回の試供会を通じて、
地元の女子高生に
自分たちの地域に生きる椿に触れてもらったことは
とても意義のあることだったのだと思いました。
拾った椿の種の”行方”(のうちの一つ)を知り、体感してもらえたから。
 
今後も、種拾いや植林等を地元の若者と一緒に企画していき、
気仙椿と若い力が触れ合う機会を作って参ります。

 

新着情報一覧へ