寒い日が続きます。皆様いかがお過ごしでしょうか。
厳しい寒さの中でも、水仙はしっかりと咲いて、清楚な香りをあたりに漂わせています。
 石井桃子さんの『幻の朱い実』に、蕗子さんと房総に出かけ、水仙の株を持ち帰るエピソードがありました。石井さんは水仙がお好きだったのでしょう。荻窪のお庭にも植えていらっしゃいます。今はありませんが、前の家主だった小里文子さん(蕗子さんのモデル)は白樺の木やカタクリを信州から移植されていました。古い写真を見ますと、昔のお庭はうっそうとしていて、森のようです。
 昨年気付いたのですが、荻窪のお庭には途切れることなく、お好きだった季節の花が咲くように植えられています。
 かつら文庫は大人にも公開しております。ぜひお出かけ下さい。

 

 「石井桃子プロジェクト」を公開して2週間が過ぎました。

多くのご支援、心から感謝しております。
引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 

1953年4月2日のお庭です。よく見ると左下にキヌちゃんがいます。

 

新着情報一覧へ