プロジェクト概要

 

妙成寺 初のライトアップイベント

夜の特別観「寿福のあかり」

を開催します。

 

2018年10月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)

 

ページをご覧いただきありがとうございます。妙成寺執事長の山川知則です。

 

1294年、日蓮聖人の弟子である日像上人によって建てられた妙成寺は、石川県の能登半島の入り口、羽咋市の自然豊かな滝谷町にあります。

 

心願成就の寺として、年間約45,000人の方にお越しいただいております。

 

その歴史は、約700年にもなり、今建っている建造物は、およそ400年前に前田家の寄進によって建てられ、国指定重要文化財が10棟あります。

 

ー五重塔ー

国の重要文化財に指定されている五重塔は、4年もの歳月をかけ建立されました。高さ34.18m誇り、北陸随一です。その屋根は栩葺(とちぶき)で、五重塔としては全国唯一のものになります。

 

 

ーさざれ石ー

岐阜県揖斐川地方より出土したさざれ石は、パワースポットとして近年注目されています。

 

 

ー境内ー

建造物は、江戸初期のもので、重厚な建築群が見る者を圧倒します。当時の最高の技術が使われており、均整の取れた見事な建築が見られます。

 

 

ー県指定名勝庭園ー

ここから見る五重塔が一番美しく、フォトジェニックなスポットになっています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい

妙成寺は当時、随一の大工さんによって建てられた建物群があり、そこは一度も火災のあっていないため、当時の姿で残っています。

 

これは当時の法華伽藍配置で、残っているのは全国でも妙成寺だけですし、歴史的背景と、建造物群、境内配置など、比較しても類の少ないものであるため、とても貴重なものです。

 

文化立国とうたわれた加賀百万石の石川県ですが、国宝指定建造物は1つもありません。そのため、石川県ではもっとも国宝に近いといわれていますが、県内でも知らない方が多いというのが現状です。

 

北陸随一の五重塔が建立400年を迎える今年、皆さんにもっと妙成寺について知ってもらい、サポーターとなってもらいたい、そして、後押しをしてもらいたいと思い、今回初のライトアップイベントを企画しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

いつもとは違う雰囲気の妙成寺をお楽しみください!

五重塔建立400年という記念の年。五重塔や本堂、そして参道などをライトアップします。普段、夜の拝観は行なっていないため、いつもとは違う、幻想的な雰囲気をお楽しみいただけます。

 

歴史や建造物、神社仏閣好きな方はもちろん、これまでこの場所にくる機会のなかった若い人たちにもお越しいただくきっかけになればと思います。

 

開催日:2018年10月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)

 

7日には、羽咋市ゆかりのジャズトランぺッター、高澤綾さんのコンサートも予定しております。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

妙成寺を後世に残していくために

このような場所を維持していくのは、とても大変です。随時修復をしていく必要がありますし、全棟の修復には約40億円かかるという算出もあります。

 

そこで、より多くの方に妙成寺の魅力を伝え、サポーターとなっていただくことで、この妙成寺を後世に伝えていきたい、私たちの子孫にこの素晴らしい建造物を残していきたいと考えています。

 

私たちのこの取り組みに皆さまのお力を貸していただけませんか?応援・ご支援をお願いいたします。

 

当日、お越しいただけることを楽しみにお待ちしております。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


最新の新着情報