プロジェクト概要

地震災害に遭遇したネパールの子供たちへ非常食のパンを9000個を送りたい!

 

私達はネパールや東南アジアの子供たちの教育及び生活支援を主体に活動しているNPO法人です。このたび、ネパールでマグネチュード7.8から7.3という2回の大きな地震に見舞われ、8800人近い人々が亡くなられました。また負傷者は20000人以上と言われています。
このたびの大地震で、親を亡くした子供達や大勢の生活困窮者が出ております。彼らを助けるために非常食のパンを送る計画を進めています。

 

物資を送る資金が不足しております。

みなさんのお力をお貸しください。

 

(救出の様子)

 

プロジェクトの内容について

 

地震により家やか家族をなくして、生活に困っている方に、非常食のパンと教材を送り、現地のNPO協力者と組んで、人々の生活や教育の足しにします。できるだけ多くの支援食糧を送れるようご協力をお願いしたいと思います。我々の目標は、被害の大きさに対して、少しの支援にしかなりませんが、1000人のネパールの人々が、最低3日間生き延びられる食糧を送りたいと計画しております。

 

(被災者に炊き出しの給食)

 

 

 

プロジェクト実施のきっかけ

 

我々も先に東日本大震災を経験しており、この時はネパールの方や在日ネパールンの人々にも多くの支援を頂きました。ネパールは世界の中でも貧しい国の一つです。さらに今回の地震でインフラの大きな被害が出ております。今回、ネパール地震に対しても、できるだけの支援をして行きたいと思います。一人でも多くの人々を救いたいという思いから、今回のプロジェクトを計画しました。

 

(家が倒壊した為、車の中で寝起きの子供に支援者が食事を、、)

 

 

支援金の使途内訳

非常食のパンを買う資金、現地の取材費が足りていません。

 

(ポカラへ向かう街道沿いの町の子供 2014年)

 

日本との絆を深めたい。

 

昔からネパールの国民は、我々日本人と感性が似ております。今回の少しの支援から、さらに日本人との絆が深まる事を願います。

 

今回、このプロジェクトをなんとしてでも成功させたいと思います。

その為には、会に協力して頂ける友人や知人、会社組織等あらゆる情報網を屈指して輪を広げて行きたいと思います。皆様の絶大なるご協力をお願い致します。

 

 

(支援をしているネパール東部バトラプールのビレンドラハイヤー中学校の生徒達です、2014年)

 

◆◇◆◇ 引換券について ◆◇◆◇

ご支援いただいた皆さまには下記の引換券をお送りします。

 

・サンクスレター

 

・現地活動報告書

 

・非常食のコッペパン

 

・ネパール産の紅茶

 

・ネパールの民芸品

 

・ネパールの曼荼羅

 


最新の新着情報