皆さん、こんばんは。

 

READYFORプロジェクトを開始して4日が経ちました。早速、支援をくださる方も現れ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて、皆さんは昨年4月25日にネパールを襲ったマグニチュード7.8の地震を覚えてらっしゃいますでしょうか?

 

私たちが支援する子どもたちの通う学校も、地震で大きな被害を受けました。

被害の大きかった学校では、校舎が倒壊してしまったり、校舎の壁に大きな亀裂が入り、手で押すだけでぐらついてしまうほど危険な状態のところもありました。

 

ジャタナ高校の被害状況
ジャナタ・ハイヤー・セカンダリー校の被害状況

 

 

地震の影響を受けて、震災前から貧しかったうえに、さらに生活が苦しくなった家庭もあります。

そのような家庭の子どもの中には、「これから学校に通えなくなるかもしれない」という心配をかかえている子もいます。

 

そんな不安定で厳しい状況にありながら、子どもたちは学校で友達と一緒に楽しく時間を過ごし、一生懸命に学んでいます。

 

前回に引き続き、ビデオメッセージをご用意しております。

今回はプロジェクトページにも登場するキムタヒちゃんの家を紹介しています。

 

 

 

ネパールの学校は、今も、子どもたちの熱心に勉強する姿、友達と元気に遊ぶ姿、いっぱいの笑顔で溢れています。

 

 

 

 

震災に負けず、毎日勉強に励む子どもたちのためにも頑張ります。

目標金額まではまだ遠い道のりですが、どうか皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ