皆様こんばんは。

 

今日から数日にわたり、ネパールの子どもたちがどんな1日を過ごしているかをご紹介したいと思います。第一回目の今日は、起床から学校に行くまでの様子をご紹介します。

 

 

【5時】日の出とともに起床します。太陽の光と共に過ごす生活です。

 

【6時】宿題をします。ネパールの子どもたちはちゃんと夜にも勉強しますが、夜は電気やロウソクを節約するために、早く寝てしまうことが多いのです。

 

【7時】体を洗います。ADRAから支援を受けている子どもたちの家には、シャワーはほとんどありません。たいていは、蛇口から出てくる冷たい水をそのままかぶって済ませます。

 

【9時】朝ごはんを食べます。ネパールで一般的な「ダルバート」という食事をとります。細長いインディカ米に季節の野菜を煮込んだおかずや少し辛いお漬物、それに豆のスープなどがつきます。普段の食卓にのぼるのは米とおかず一品、豆のスープだけの簡素なものです。

 

 

プロジェクトページにも登場するキムタヒちゃんが朝ごはんを作る様子を動画でご紹介したいと思います。朝ご飯を作りながら勉強をしています。
キムタヒちゃんのお父さんは病気で働けないので、お母さんの負担が軽くなるように家の手伝いをたくさんしています。キムタヒちゃんが頑張る様子をご覧いただけると幸いです。


 

 

この後にごはんを食べ、学校へ行く準備をし、いざ出発します。この続きの第二弾はまた明日にご紹介いたします!

 

READYFORを開始して本日で5日目となりました。これからも頑張って参りますので、皆様の応援を、どうぞお願いいたします!

新着情報一覧へ