終了まで残り僅か10日を切りました♪

ご支援のお申し出をくださった方々に、まずは厚く熱く御礼を申し上げます。

 

今、33%の達成率、とのことで、残りが9日となりました。

初めてこうしたクラウド・ファンディングというものにプロジェクトを出してみました。まとめるの、大変だったでしょ、とおっしゃってくださった方もいらっしゃいましたが、本当にそうで、他の業務の隙間を縫って、2、3日は睡眠時間、2、3時間で作り上げたプロジェクトでした。それもあってか、「35日って短くない?」という声も、いくつかいただきました。

僅か35日間というプロジェクト募集期間は、今回Readyforのアドヴァイザーの方からアドヴァイスをいただいて決まった期間でした。私は90日くらいかけてのんびりやっていくイメージを持っておりましたので、そんなに短くなくてはいけないの?と思いましたが、後で見てみたら、もっと長いプロジェクトもたくさんあるのですね。

プロジェクトも、こうなると一つの作品みたいなものでしたので、まもなく使えなくなると思うと残念ですが、いくつか、将来につながる可能性は感じることができました。

まず、プロジェクト発表後に、さまざまな施設の施設長さんにこのお話をいたしましたところ、「それ、うちでも是非!」とおっしゃってくださる方々ばかりでした。
中にはすでに、一人一人の重度の利用者さんのために、保護者の方々が「この子のアピールポイント」が分かるようなメッセージ・アルバムを作っておられる施設もあり、そこにも1曲ずつ入れたい、というお申し出や、施設の歌も欲しい、というお申し出などもありました。それが、プロジェクト発表前に分かっていたら、もっとたくさんの方のために、という企画にできたかもしれないので、そこは少し残念です。
一番に手を挙げてくださった利用者さんのご家族には、CDにはできないけれど、歌は絶対に作って差し上げたいと思ってもおります。

そして、今後はまずNPO立ち上げを目指し、それから、このプロジェクトを実現するための資金を、もう少し確実な方法を学んで集めようと思いました。

でも、ご支援を申し出てくださった皆様や、拡散にご協力くださった友人・知人の皆様には、ほんとうに暖かいお気持ちをいただきました。
この経験を生かして、今後とも、その皆様の「がんばってください!」を励みに、諦めないでやっていこう、と思うことができました。

終了のご挨拶は改めてさせていただく機会があるかと思いますが、まずは、ここまでの経過について、ご報告させていただきました。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています