皆様のお力添えにより、昨日目標金額70%以上到達させて頂きました。

心より感謝を申し上げます!

 

この様に多くの方々から、NGKの活動にご理解とご賛同を頂き、本当に心強く思っております。有難うございます。

 

私どもは、学校外の育成・教育の場として、学校が提供しない事を行っております。それはNGKの為に各講師がデザインしたオリジナルのプログラムと、海外発のメソッドを混合したカリキュラムです。言い換えれば、国が「教えるべき」と定めている事ではなく、どちらかと言えば国が考えもしないであろうアプローチや、海外では既に広く行われているのに、日本ではその気配すら感じない教育におけるトレンドも取り入れています。いや、「取り入れている」というより、(講師陣の顔ぶれからお察し頂ける通り)どうしたってそうなるのです。むしろそれがなければNGKの意味がないというのが私の考えです。

 

海外で広く行われている指導方法というと、iPad等を使った授業を連想される方もいらっしゃるかもしれませんが、NGKでは子ども達の電子機器の使用を全面禁止しています。森の中では、”unplugged” な生活をして欲しいからです。正に、子ども版の「デジタル・ファスティング」です。

 

では、NGKではどんな事を「取り入れている」かというと、例えばいわゆる「一時間目」に、アメリカやヨーロッパの小学校の多くがそうである様に、メディテーションを行います。静寂の中に身を置く事で、集中力が高まり、安全で生産性が高い一日を過ごす事が出来るとされています。

 

また、NGKでは英語の授業に関しましては、クラスを年齢や学年で分けるのではなく、事前にアドミッションの段階で保護者様にヒアリングを行い、レベル別で3クラスに分かれます。101は、全く英語を習った事がないお子様向け、102は週何回か英語教室や英会話スクールに通っているお子様向け、103は日常会話ができるお子様や、英語圏で生活をした事があるお子様、あるいは母語が英語のお子様向けのクラスとなっています。

どのクラスもお子様が「これは勉強だ」と認識しない様に配慮した内容です。

 

NGKの英語指導をプロデュースするのは、ハワイ出身のアンドリュー先生です。

彼は見た目は完全にアメリカ人なので、子ども達は彼が「榎本さん」であると知ると「なんでなんで?!」「どうして榎本なの?」といつも大騒ぎになります。

そんな風に子ども達の興味が高まっているタイミングで、すかさず世界各地にいる日系人の話や歴史についてお話をしたり、あるいは国籍や戸籍の制度を説明したり、はたまたミドルネームとは何ぞや?といった話にまでもっていったりと、常にエデュケーショナルで無駄のないNGKです(笑)。

 

以下、アンドリューのご紹介とさせて頂きます。

 

皆様のご支援に、重ねてお礼を申し上げます。

THANK YOU m(_ _)m

 

文責/NGK代表 江尻妃里

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

 

フィジカル・スキル&EFL(英語)指導

Andrew Enomoto(A.K.A アンドリュー先生)

 

ハワイ出身の日系人。世界の名門として名高い、米国ニューヨーク州のコロンビア大学教育学部出身。児童教育全般において最新の知識を有する専門家。

 

現在NGKでの活動のほか、英語指導のプロとして学習院大学、東京外語大学、駒沢大学・成蹊大学で教鞭を取る。

 

キャンパーとしては16年のキャリアを持つベテラン。スポーツに関してもマルチプレイヤー。アメリカ硬式テニス協会公認のインストラクターでもある。趣味は世界旅行。

 

本年更にパワーアップするEFL(英語)は全3レベル、アンドリューのプロデュース。今NGKだけで体験できる、アメリカ発最新のカリキュラムに期待!

 

アンドリュー先生といえば、BBQのS'MOREが楽しみだね!また焼いて〜!

 

※注意 フレッドペリーの広告ではありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ