こんにちは。
プロジェクトリーダーの宮地祥子です。
クラウドファンディング残り21日。ちょうど半分です。
現在43%にまでリーチ。
ご支援・応援メッセージ。本当に本当にありがとうございます。
目標金額達成に向けて、努めてまいります。

今日は、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いについて紹介します。
紫外線散乱剤は、アロマエキス&アロマオイルミルクローションの原材料としても使用しています。
酸化亜鉛や酸化チタンの粉を混ぜて塗布した日焼け止めが、皮膚の上で紫外線を反射・散乱させて皮膚を守ります。肌の表面で受けた紫外線を物理的に乱反射させて散乱させ、紫外線が肌の内部へ侵入して悪影響を及ぼすのを防ぐというものです。ただ、白浮きしやすいというものも多かったです。

これに対して紫外線吸収剤は、パラジメチルアミノ安息香酸2エチルヘキシルや、パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシルなどなど、液状のものが多いです。そのため、透明でほかの成分分子と結びつきやすく、これらを配合した日焼け止めは、紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出させることで皮膚を守ります。紫外線が肌内部の皮膚細胞に浸透して悪影響を及ぼすのを防ぎます。

紫外線散乱剤と吸収剤を比較すると、吸収剤の方がUV効果が高くなり、肌への負担は散乱剤の方が軽くなる傾向があります。

紫外線吸収剤には旧表示指定成分に含まれるものがあります。表示指定成分とは、「ごくまれにアレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある成分」として、厚生省が指定し表示が義務づけられていた成分で、102種類ありましが、2001年の薬事法改正で表示義務がなくなりました。
そのため、紫外線吸収剤は肌に強いと思われがちですが、必ずしもそうではありません。紫外線吸収剤は毒性の強さに応じて一品目への添加量が制限されています。敏感肌の人は、紫外線吸収剤は避けることが多いです。一定量守ることができれば、肌への刺激は少ないですが、実際はどうでしょうか?

紫外線吸収剤を含む乳液や化粧下地、ファンデーションなど複数のUVケア商品を重ね塗りすることが多いライフスタイルであれば、注意が必要です。

紫外線吸収剤不使用、ノンケミカルなどという表示がされている日焼け止めが数多くあるのはこのためです。

現在も進化し続けるコスメ業界、技術は進歩し続けていて、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めでも白浮きしにくいもの、紫外線吸収剤でも敏感肌にも使用できるものと、どちらを使用しても問題ない製品が多く開発・販売されています。

中には、紫外線散乱剤・紫外線吸収剤ともに不使用というUVケア商品も見かけます。この場合、UV効果はかなり低くなり、SPF・PAの値も低くなります。

ライフスタイルや自分の肌との相性で日焼け止めを活用してみてください。

新着情報一覧へ