『和 Meets JAZZ』2017 には、私が敬愛するアーティスト初め、

わたしの今までの音楽人生で培ってきた、絆の深いアーティストたちが志高く集います。

 

自由でありたくさんの面を持つ柔軟なJAZZと、

和をテーマにした文化パフォーマンスの共演、

子どもたちが、上質な音楽やアートに触れる瞬間、

どれをみても、いままで見たことのないパフォーマンスを目にできることでしょう。

 

ぜひご家族みなさんで、会場にご来場ください。

この一流の文化シャワーを一緒に浴びましょう❣️

 

 

プロデューサー&アーティスト紹介

 

ユマトニック:WMJ総合プロデューサー/シンガー

 

仙台出身・バグダッド(イラク)・ アブダビ(アラブ首長国連邦)で美しい色彩や悠久の歴史からくる文化、グローバルな人種・宗教観に包まれて育つ。外資系通信・金融機関にて、営業、マネージメント職など15年以上勤務するかたわら、みずからもシンガーとして2000年より活動し、東京ビルボードからニューヨークのアポロシアターまで幅広く出演。それまでに培った豊かな人脈や経験を総合してプロデュース活動も手がけ、2016年より開催している『和 Meets JAZZ』では、異なる文化に架け橋をかけて新しい価値観を創造し、平和の輪を広げていくことを信念としている。

 

ユキ・アリマサ:WMJ総合音楽ディレクター/ジャズピアニスト

 

3歳よりピアノを習い始め12歳でジャズピアニスト、オスカーピーターソンの演奏を聴き、Jazzに魅了され以降独学で勉強を始める。1983年玉川大学英文科卒業後渡米、バークリー音楽大学でピアノ、作編曲を学ぶ。ハンクジョーンズ賞、デュークエリントン賞を受賞。卒業後バークリー大学ピアノ科助教授として指導にあたる。現在、洗足学園音楽大学ジャズコース教授として後進育成に注力。若手音楽家育成を目的としたワークショップ開催などを行うArtist Green代表。

 

ギラ・ジルカ:ジャズシンガー

 

イスラエル人の父と日本人の母を持ち、神戸で生まれ育つ。神戸のインターナショナルスクール卒業後、バークリー音楽大学に留学。ジャズにパワー溢れるソウルフルなエッセンスを加えたヴォーカルは聴く人を楽しく癒す。洗足学園音楽大学でジャズ・ヴォーカルの講師も務めている。

 

ケイレブ・ジェイムス:キーボード/ヴォーカル/プロデューサー

 

ミュージシャンのいる家庭環境を持ち、10代の頃からプロのキーボード奏者/ボーカリストとして活躍し、Lenny Kravitz、Nathan East、元SMAP、AI、Misia、トータス松本等、有名アーティストと共演している。自身のRock/Soul/Jazz band、Dark Matterの“Everything Matters”が最新アルバムとなっている。

 

神田さおり:踊絵師/アートディレクター

 

幼い頃、バグダッド ( イラク ) とドバイ ( アラブ首長国連邦 ) にて育ち 世界のうつくしさと共に日本への憧憬を強烈に体験する。 ”LIFE PAINTING” と銘打たれたアートパフォーマンスでは、躯全部で音楽の波を感じとり大画面を踊る様に描き上げ、空間を満たすパフォーマンスに世界中から出演オファーが集まっている。

 

前田鎌利:書家

 

1973年福井県生まれ。東京学芸大学 書道科卒業後、独立書家として歩む。重要文化財 旧小坂邸襖書「花鳥 風月」など多数の作品を手がけ、国内外でのパフォーマーとしても活躍。また未来へ日本文化を継いでいく活動として全国15カ所で書道塾「継未-TUGUMI-」を主催。600 名を超える生徒へ日々書を通じた内観することの 重要性を伝えている。

 

Doodlebug's Big Band:洗足学園大学卒業生ビッグバンド

 

学生時代、「自分たちが好きな音楽を演奏するために、自分たちでビッグバンドを結成してしまおう」 の一言をきっかけに、ピアニスト上浪瑳耶香を中心に、 洗足学園音楽大学出身のメンバーで結成されたバンド。ジャズピアニストのユキ・アリマサ氏に指導を仰ぎ、昨年のWMJ2016にも出演し好評を博す。現在はワンマンライブに向けて活動中。

 

 

 

和文化のワークショップや、和室でのアコースティックライブなど、

まだまだ、ほかにも楽しいコンテンツをリリース予定❣️

 

今後の『和 Meets JAZZ』2017に、ぜひご期待ください✨

 

ユマトニック

2017・8・17