READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす

ジンバブエ貧困地区の子供たちに安定した食事とシェルターを!

神谷 勇机

神谷 勇机

ジンバブエ貧困地区の子供たちに安定した食事とシェルターを!

支援総額

2,207,000

目標金額 3,000,000円

支援者
84人
募集終了日
2014年12月15日
募集は終了しました
9お気に入り登録9人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2014年11月01日 16:04

なぜクラウドファンディングを利用したのか?

現在、募集機関90日の半分の45日が経過しました。

今まで多くのご支援と応援を頂きました。

本当にありがとうござます。
 

本日は、なぜ資金を募るのに「クラウドファンディング」を選択したのかを記載したいと思います。

 

 

 

 

そもそもこういった途上国の施設建設には、様々な資金が使用されます。

 

各国大使館やJICA等の団体が行う資金援助が日本国のODAの一部としては有名でしょう。

 

それぞれ様々な諸条件のもと、審査が行われ援助の有無が決定されます。

 

現在、ジンバブエでも大使館の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」などにより、現地NGOが多額の資金援助を受けられています。

 

もちろんこの財源は日本国民の税金です。

 

しかし、その事実を我々がどれだけ知っているでしょうか?

 

自分たちの税金がどこの国のどの事業に使用されているか、どれだけの人が把握できているでしょうか?

 

もちろん、各国大使館やJICAのホームページ等を閲覧すれば、知ることはできます。

 

しかし、どれだけの人がアクセスしているでしょうか?

 

そんな中で僕が考えたことは、このプロジェクトは、賛同して下さる方個人の意思で行いたいということです。

 

日本国民が個人で判断し、必要だと思える支援に協力する。

 

そして、誰に支援したかわかる「顔の見える協力」

 

そんな個人対個人の関係ができればと思い、クラウドファンディングを選択しました。

 

そして、お施主さんもそれを望んでいました。

 

少しでもジンバブエのことを日本の皆さんに知ってほしいと。

 

このプロジェクトやジンバブエのことが広がる(伝わる)のは自分の周りだけかもしれません。

 

でも、そこに様々な可能性があると感じています。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

残り、45日。

今後もよろしく願いいたします!



 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・子供たちの写真付きサンクスメール

支援者
34人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3000円の引換券に加え
・手作りハガキ
・ノートセット
(HIV/AIDS孤児支援のNGO作成)

支援者
36人
在庫数
制限なし

30,000

alt

10000円の引換券に加え
・刺繍クッションカバー 黒 or 白
(HIV/AIDS感染者支援のNGO作成)

支援者
7人
在庫数
制限なし

50,000

alt

30000円の引換券に加え
・工芸バック黒 or 白 または、ハンドメイド石けん2ヶ
(HIV/AIDS感染者支援のNGO作成)

支援者
3人
在庫数
制限なし

100,000

alt

50000円の引換券に加え
・刺繍タペストリー
・完成後、施設壁面に名前の記載
(HIV/AIDS感染者支援のNGO作成)
(※希望者のみ)


支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする