もうすぐ70%達成!

 

これまでに43人の方にご支援いただき、また、大勢の方に拡散のご協力をいただいています。本当にありがとうございます。プロジェクトの目標金額は65万円。1人から65万円の寄付をいただくのではなく、このプロジェクトへの共感の輪を広げ、なるべく多くの方々からのご支援で65万円を達成したい!引き続きご支援・拡散のご協力をお願いいたします。

 

今日は30,000円のリターンに含まれるコンゴ東部のスペシャリティコーヒーについてのお話です。スペシャリティコーヒーの定義は定まっていないようですが、品質の高いコーヒー豆の栽培・収穫技術・生産処理といった要素だけではなく、「カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されること」が大事だそう。

 

私もコーヒーが大好きなのですが、今回リターンでご提供するコーヒーを初めていただいた時、『女を修理する男』で描かれているコンゴの豊かな大地を想像しました。そして、豊かな自然を思わせるその独特の風味を気に入り、このプロジェクト達成の願いも込めて、毎朝ハンドドリップでいただいています。

 

ご提供いただくのは私の自宅近くにある「くれは珈琲焙煎堂 桝カフィ」という小さなロースターです。

 

 

昨日は焙煎の様子も見せていただきました。店主さんがコーヒー豆と対話するように丁寧に焙煎。コンゴから日本に届いた大切な豆をさらに美味しくしてくれます。

 

 

この店主さんは実は元保育士さんで、国際色豊かな保育園で働いていた頃、コンゴ人の園児を預かったご経験があるそう。10年以上前のお話だそうですが、そのコンゴ人のご家族が紛争で国に帰れなくなってしまったこともあり、遠いコンゴで起きていることはずっと気になっていたとお話してくださいました。「コンゴとはご縁を感じているんです。」と、今回のリターンへのご協力をご快諾いただきました。

 

ぜひみなさまにもこのコーヒーを味わっていただきたいです。

 

引き続きご支援・拡散のご協力をお願いいたします!

新着情報一覧へ