実行委員の磯﨑俊宏です。

私は長年PTA役員や子供会育成会活動に携わっております。

 

実行委員になったきっかけは、昨年6月友人から肝高の阿麻和利の演出家平田大一氏の講演会に誘われたことから始まりました。

講演のテーマは「子供たちのやる気を高める人材育成」。

地域の中高生をいかにして活気づけ、郷土に誇りを持たせ、未来にはばたかせるかを基軸にしたお話は、私の心を奪いました。

平田氏の子供たちのへの思いに共感し、「肝高の阿麻和利」に深く興味を抱くようになったのです。

 

実行委員長の鬼澤氏から「舞台のDVDをお貸しします。」

というお話を聞き、早速申し出て観賞させていただきました。

その中の特典映像で「TV世界ふしぎ発見」のメイキング映像に衝撃を受けました。いきいきとした子供たちの迫力ある踊り、クオリティの高い演奏を見て涙が止めどなく溢れてきたのです。

その後の私はDVDをくりかえし(5~6回)観賞し、ウェブやYouTube等で肝高の阿麻和利を調べまくり、完全なる肝高マニアと化していきました。キムタカバンドのボーカルに魅了され、踊りのキレに感動し、世界遺産勝連城の歴史に興味を持ち関連本も取り寄せました。そして子供たちの一生懸命な姿にカッコ良さを感じました。

 

 

感動体験は、一回りも二回りも大きく子供たちを成長させます。

「志が高い」「心豊か」という意である「肝高」!

「肝高の阿麻和利」の舞台は人材育成の基本をそなえていると感じ、私の心をとてつもなく揺さぶります。

 

まだ実際に生の肝高の阿麻和利は見ていないのですが、8/10に地元茨城で肝高の子供たちに会えると思うと、もうワクワクせずにはいられません。

新着情報一覧へ