♡クラウドファンディング・ご支援頂いた方々へのお礼と感謝♡

 

私達アニマルレスキュードリームロードは
10年目標を立て
《出雲保健所殺処分をなくそう!》
に向かって活動して来ました!
活動を始めて8年
前年度・平成29年4月~平成30年3月の出雲保健所殺処分は犬1匹だけでした。

最初 活動を始めた頃の保健所は飼い主による持ち込み、遺棄などの
犬、猫が溢れていて手が出せない状態でした…。
助けてあげたいのに、助けられないもどかしさと無力さに いつも涙しどうしたらいいかを、いつもいつも泣きながら考えていました。

まず猫は、 譲渡対象にならない授乳猫の殺処分が多いのに 乳飲み子は私達ボランティアにも引き出せない決まりがありました。
それを何とかする為に話し合いや会議を重ね、ボランティア譲渡がしてもらえるようになりました。
そこからは、 寝る間を惜しんでの授乳…。大切に育てて譲渡を実現しました。

そして犬は、迷子が多い!迷子をなくすにはどうしたらいいか?…。
ポスティングをしよう!
と思い始めたのがポスティングの始まりです。

保健所の収容期限は1週間です!
期限が過ぎれば殺処分になります!と言った文章を入れて迷子の保護地区にポスティングをしています!

ポスティングを始めて6年 保健所に収容された迷子がお家に帰れる事が 多くなりました。

仔猫の保護や
ポスティングで迷子をお家に帰す事が前年度の素晴らしい結果に繋がったと思います。
しかし、これで満足してはいけないので…。
私達はこれから先10年の目標を立てました。

今度の目標は、10年後には保健所に入る犬、猫がいなくなる事!
私達が引き出す動物がいなくなる事です。
その為には、今以上増やさない事
☆不妊手術
迷子をなくす為に
☆迷子札を着ける事
☆狂犬病予防接種
注射済票を着ける事
☆こまめに首輪やリードの点検をする事
☆マイクロチップを入れる事
など…。
沢山の人にまず知ってもらう事に力をいれたいと思います
10年後は私達が引き出しをしなくても大丈夫になるように…。
一生懸命活動したいと思います。

今 まく種が
10年後に花を咲かせる様に…。
8年前~何匹も何匹も見送って来た命達の為にも一生懸命頑張ります。

そして私達が引き出しをしてシェルターに連れて帰っている子達も
新しい飼い主さんが決まるまでの間、幸せに毎日を過ごしてほしいと思っています。

毎日のお世話、病気のケア、温度管理など
そして沢山の愛情をかけていきたいと思っています。

最後になってしまいましたが…。
この活動は人の手と資金が必ず必要です。

その為に挑戦したクラウンドファンディング!
147人の方々のご協力で目標金額達成する事が出来ました。
本当に本当にありがとうございましたm(__)m

皆さんの優しい気持ちを無駄にする事なく、メンバー一同気持ちを引き締め、一生懸命活動していこうと思っています。
心より感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました

これからも応援宜しくお願い致します。

~小さな命を救いたい~
NPO法人
アニマルレスキュードリームロード
        メンバー一同

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています