これは、劇中で役者たちが音を出す「音の出るもの(楽器じゃないのも含めて)」風の音、森の音などが表されるのでしょうか・・・

 

 

 

 音楽プランいや、丹念に一緒に「音探し」をしてくれるのは、震災後の演劇を考えるドラマリーディング「空の村号」の音楽も担当した菊池大成さん。ピアノの前にいるのはお弟子さん、稽古場で一番若い!ふみちゃんです。ふみちゃんは、ピアノ演奏などでこの「音」隊に加わってくれます。

 

 

 そして、音楽で心強いのは、出演者に子ども劇場さんでもおなじみの「イッツフォーリーズ」のメンバーが4人もいること。

 

 

  歌にダンスにお芝居に力を発揮してくれています。それだけでなく、舞台美術や衣装アイデアもたくさん出してくれる超アクティブな頼もしい4人(勝部祐子さん、田島麻子さん、湯浅香織さん、田上有穂さん)は

カメラを向けるなりこの笑顔!「ミュージカル劇団ですから^^」

思い返せば、1月の稽古第一日目には、一人一人、
「なぜこの合同公演に・・3,11を忘れないという取り組みに・・参加したか」を語り合うところから始めました。
この笑顔の向こうにたくさんの熱い思いを持った出演者です。ぜひ見に!聞きに!感じに!いらしてください。

新着情報一覧へ