READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

発表の場を奪われた若手アーティスト達に活躍の場を与えたい

発表の場を奪われた若手アーティスト達に活躍の場を与えたい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は11月8日(月)午後11:00までです。

支援総額

131,000

目標金額 610,000円

21%
支援者
8人
残り
16日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
2人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は11月8日(月)午後11:00までです。

2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

7年続いた若者のための展覧会「若造展」が打ち切りに。

 

若年層の芸術性を高め、経験を積ませるというコンセプトはいつの間にか消失し、館の存続のために、来館者数ありきで「ただ人を集めればいい」という展覧会に…。結果内部崩壊し、2021年で打ち切りとなりました。

 

描きたい、創りたい、創造したい気持ちを持ったままバラバラになった仲間を集め、再び展覧会を開きたい!

 

 

▼自己紹介

 

はじめまして、株式会社ブランツ 代表の奥村将明と申します。長野県の南端、飯田市の隣村に位置する日本一星が綺麗に見える村「阿智村」に住んでいます。

 

若造展には彫金作品を3年連続出品し、若造展を運営する側で企画に参加していましたが、展覧会は打ち切られ、もっと良くしたいと願いを込めて練られたたくさんの企画は宙ぶらりんのままお蔵入りになりました。そんなジレンマを感じ、今までに若造展で知り合った仲間を再び集め、今まで温めてきた卵をふ化させ、大きく成長させたいと新しい一歩を踏み出す発端となりました。

 

 

展覧会を開催する事は「新たな仲間を作る」事でもあります。ひとりひとりは弱くても、得意分野でフォローし合えるアートで繋がった集まりを構築し、存続させる事により、

 

・芸術的テクニックの向上

・展覧会開催ノウハウの共有

・アートからビジネスへ転換できる工夫の模索

・南信州から美大を目指せる高校生を輩出したい

 

など、自分達の技術を惜しみなく駆使して、次世代の若造へ、より良い芸術活動ができる礎となる志のある仲間づくりを目的としています。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

2020年の若造展では75人の出品者が101点の作品を展示して、700名以上が観覧した実績がありましたが、仲間はバラバラに散って、殆どの作家が展覧会を開く事もなく、自己満足の様に作品を創るだけの状態です。最後に残った数人のアーティストで、それらの小さなエネルギ―を再び集めて、大きな展覧会「Art Hope展」を開きたいという気持ちで動き出しました。

 

 

▼プロジェクトの内容

 

皆様からご支援を受け、2021年11月3日~11月14日に開催する、初回のArt Hope展の展示会場をお借りする費用に充てたいと考えています。

 

何十人が一度に展示できる場所はそうそうはありませんが、南信州飯田が抱える問題のひとつ、シャッター通りを会場として利用し、現在ほとんど使われていない昔の蔵を再利用して新たな展開ができるという切っ掛けに繋げるための費用として使わせて戴きます。 

 

 

他に展覧会を催すにあたっての広告、印刷物の制作費に使わせて戴きます。第2回、第3回のArt Hope展と発展させていく礎にしたいと考えています。

 

若造展では会議をしても、会期中に展覧会場の警備をしていても1円も出ませんでした。Art Hope展では働いた人が報酬を得られるように、ご支援から展覧会に対しての努力に見合った報酬も支払わせて戴きたいと考えています。

 

今まではボランティア精神と自腹を切るだけの、展覧会をやればやるだけアーティスト達が疲弊していくという悪循環の中、クラウドファンディングに出会って、自己資金を消耗していくだけではなく、私達の力では賄いきれない部分を支えて戴き、その余力で更に作家活動に繋げていける事を考えております。

 

大まかではありますが、資金の予算金額は以下の通りです。

 

展覧会場利用費、光熱費等:5万5千円

人件費:10万円

印刷代:展覧会用ビラ2万2千円

アーティストカード制作費:3万3千円

返礼品代:18万円

クラウドファンディング手数料:22万円

 

合計61万円+自己資金で目的により近づきたいと考えております。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

最初は数人の絵に携わっている者達が、「あれいいね」「こうしたいね」と話した空論が、皆様のご支援によって形を成していきます。1度の展覧会を切っ掛けに、作品を創る者達に経験とやる気を持たせ、お互いに磨き合い、いずれ世界へ羽ばたける実力を持ったアーティストを育てます。

 

更に作品を観る側の刺激を生み、自分もやってみたいという新たな可能性に繋げたり、作品に心を動かされてファンになり、作家の「趣味」を「仕事」に繋げられればと考えています。

 

 

展覧会場に使う予定の丘の上は、人通りの少なくなり閑散とした通りです。「スペースを如何にして使用するか」という切っ掛けづくりや、個々に展示会を行なうための実績づくりとなればと考え、一部の団体だけではなく、できるだけ多くの人々の可能性のための展覧会になる様、プロジェクトを成功させたいと思います。

 

どうか、ご支援を宜しくお願い致します。

 

 

▼リターンの内容

 

Art Hope展に出品する作家の内、数名が創った作品を返礼品としてお送りします。

 

Art Hope展の返礼品

 ・Art Hope展で使用されたポスターをはがきにしてお礼の手紙をお送りします。

 ・Art Hope展に出展した作家達の力作を名刺サイズのカードにして、セットでお送りします。

 

作家の返礼品

 ・上林泰平…熱で絵を焼き付けるバーニングアートにより、ひとつひとつ絵を描いた革財布をお送りします。絵のオーダーメイドも可能です。

 ・松永茜…オリジナルの絵をプリントした風呂敷をお送りします。

 ・遠山美咲…季節で飾れるアートボードや、1点物のスプレーアートをお送りします。

 ・奥村将明…オリジナルの犬猫や唐草をモチーフに創り上げたジュエリーショップ「ブランツ」オフィシャルHPで使える金券をお送りします。製品の購入、ジュエリーの修理、オーダーメイドジュエリーの制作にもご利用戴けます。

 

 

 

<プロジェクト終了要項>

開催日時:2021年11月3日~11月14日

※天災等やむを得ない事情によりイベントが開催できなかった場合、延期して開催を行う予定です。

開催場所:長野県下伊那郡飯田市丘の上(会場選定中)

主催者:奥村将明、上林泰平、吉沢さやか

イベント内容:

長野県の南部、飯田市で第6回まで開催された、唯一の若手作家発掘の展覧会が突然の打ち切りになり、毎年出品していた作家達の展示する場所がなくなってしまいました。

 

そこで、自分達でグループ展を開催し、今までバラバラに活動していた南信州の若手作家に再び制作発表の場を持たせたいと考えています。そして展覧会を皮切りに、次の展覧会やWEB掲載により作家達の知名度を上げたり、今後アートを志す学生に対して、先輩アーティストが絵画教室や展覧会を開くためのノウハウなどを教えるセミナーを開くなど、次の若手作家達の将来に繋げたいと思いプロジェクトを立ち上げます。

 

※コロナの対策

観覧者同士が接触を避けられるように、順路の設置や距離を置いて展示物を並べます。

緊急事態宣言下では延期も視野に入れて、充分に注意しながら開催の準備を進めます。

 

 

プロフィール

奥村将明(株式会社ブランツ/ジュエリーデザイナー)

奥村将明(株式会社ブランツ/ジュエリーデザイナー)

大阪府豊中市生まれ、高校卒業と共に東京渋谷のジュエリー専門学校へ進学、日本の伝統技法を先行し、ジュエリーの会社3社でジュエリークラフトの仕事を務めた後に独立。妻の故郷、長野県の南に位置する阿智村で株式会社ブランツを創立し、「わんにゃんと唐草ジュエリー」を展開しつつ、地元で出会った様々なアーティストと共に作家活動にも着手。学生時代に習得した日本の伝統技法を用いた金属表現を用いて作品を手掛ける。 ★☆グループ展・コンペディション☆★ グループ展「二十一槌」 グループ展「きらり屋」 国際クラフト展~伊丹~にて「Like gauntlet」 入選 グループ展「若造展」3回

リターン

1,000


alt

Art Hope展ポストカードによるお礼状

Art Hope展 開催後に、お礼状をお送りします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

5,000


「風呂敷」松永茜が描く、緻密で落ち着いたツルウメモドキの風呂敷です。

「風呂敷」松永茜が描く、緻密で落ち着いたツルウメモドキの風呂敷です。

松永茜作「風呂敷」
開運の花言葉を持つツルウメモドキがモチーフ。
色付いた黄色い果皮から赤い実が徐々に顔を覗かせる様を家紋風に描き、その周りを雄花と雌花、そして縁起がいいとされる六角形(亀甲模様)で囲みました。
幸せが周囲に広がることを願って、それらの模様が内から外に広がっていくように全体をデザインしています。

サイズ:75×75センチ(二巾)
素材:ちりめん風メロンアムンゼン

松永茜
1988年生まれ。
長野県飯田市在住。
京都の芸大を卒業後、現在は故郷の飯田市で活動中。
日々、信州の豊かな自然にインスピレーションを得ながら抽象絵画を中心に、動植物、仏像なども描く。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

8,000


「作家カードセット」展覧会に出品する作家達の作品を名刺サイズのカードにしました。

「作家カードセット」展覧会に出品する作家達の作品を名刺サイズのカードにしました。

展覧会に出品した作家が制作した作品を、名刺サイズのカードにしてセットでお届けします。それぞれの力作を表面に、作家のプロフィールやホームページなどを裏面に印刷し、お手元で観覧できる展覧会を楽しんだり、気に入った作家の作品を購入するために直接アクセスできるカードを、各1枚ずつセットにしてご希望の住所へお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年2月

20,000


「季節のチョークアートorスプレーアート」アートのある空間を楽しむ、お部屋に飾りやすいサイズのアートボードです。

「季節のチョークアートorスプレーアート」アートのある空間を楽しむ、お部屋に飾りやすいサイズのアートボードです。

チョークアートは、玄関やテーブルに飾るだけで気分がUP!
贈り物に添えたり季節やイベント日などを、盛り上げてくれるオススメの作品です。
スプレーアートは、環境にやさしい水性のカラースプレーを使用しています。スプレー缶を使って、独自の感覚で色々な表現ができ、スピード重視の技法です。
お花を飾ると幸せな気分になるように、アートでも♪気軽に!お楽しみ下さい。

在庫に限りがあります。先着7名様まで、選択のご希望に沿えます。以降は、どちらかになりますので御了承ください。
また、写真は見本です。スプレーアートは、原画の1点ものですのでランダムに、選ばせて頂きます。

Aコース(在庫7) ミニチョークアート4点セット(フレーム等なし)
Bコース(在庫7) スプレーアート原画A4orA3サイズ1点(簡易フレームあり)※A4サイズは、イーゼル付き

遠山美咲(とおやまみさき)
飯田市出身。
ソロキャンプをしながら、自然と調和した環境で制作する。
今の自分をこだわり、作品で表現。
チョークアート、スプレーアート、フルイドアート、アクリル画、写真など。何もとらわれず自由に活動しています。

支援者
1人
在庫数
13
発送完了予定月
2021年12月

30,000


「ジュエリーお買い物チケット」ジュエリーショップブランツホームページの中でご利用戴けるチケットです。

「ジュエリーお買い物チケット」ジュエリーショップブランツホームページの中でご利用戴けるチケットです。

わんにゃんデザインと唐草モチーフが得意なジュエリーショップブランツホームページ内で販売されているすべての商品、修理の依頼、オーダーメイドの依頼にも使用できるお買物券9,000円分をネットチケットにして、メールでお送りします。
以下のアドレスからご参照ください。
https://www.brands-jewelry.com/

金額の下限なし、使い切れなくても差額は再度使用できます。
メール発送日より半年以内(メール発送予定日2021年12月~2022年5月)にご使用ください。
ご自分用や記念日のクリスマスプレゼントなどにご利用ください。

奥村将明
株式会社ブランツ代表取締役/
 ジュエリー制作・デザイナー
犬や猫と唐草をモチーフに、1000点を超えるジュエリーを制作してきた経験を元に、「普段創れないものを創りたい」と、彫金による工芸品を制作して展覧会に参加。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

70,000


「長財布」【文字入れ自由】上林泰平がバーニングアートで温かみのある動物を描きました。

「長財布」【文字入れ自由】上林泰平がバーニングアートで温かみのある動物を描きました。

飯田を代表する若手作家・上林泰平(かんばやしたいへい)が描く、バーニングアートの技術を用いた長財布です。

ひと筆ひと筆を集中して革を少しだけ焦がしたり、表面を削ったりすることで濃淡を作り、立体的で温かみのある絵を描きます。
Art Hope 展のリターン品として「ごろごろネコ」「ジーッとペンギン」「むしゃむしゃウサギ」の3タイトルをご用意いたしました。
心を込めて描かせていただきます。

ご希望により、絵に添える文字を自由に変更する事ができます。
ご選択がない場合、上林泰平のサインが書き込まれます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年5月

100,000


「革製品」【完全オーダーメイド】上林泰平が革製品に、あなたの好きな絵柄をひと筆ひと筆描きます。

「革製品」【完全オーダーメイド】上林泰平が革製品に、あなたの好きな絵柄をひと筆ひと筆描きます。

飯田を代表する若手作家・上林泰平(かんばやしたいへい)が描く、バーニングアートの技術を用いたオーダーメイドアイテムです。
ひと筆ひと筆を集中して革を少しだけ焦がしたり、表面を削ったりすることで濃淡を作り、立体的で温かみのある絵を描きます。

Art Hope 展のリターン品として、革製品の10センチ×10センチ四方にお好きな絵柄を自由に依頼できる完全オーダーメイドをご用意しました。

お写真を元に描く事も、お好きなモチーフを指示したり、家紋やロゴマークも可能です。想像力により完全オリジナルなデザインの革製品をお届けします。

お取引についてはメールでの打ち合わせが必要となりますので、ご購入後、個別にご案内致します。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年5月

プロフィール

大阪府豊中市生まれ、高校卒業と共に東京渋谷のジュエリー専門学校へ進学、日本の伝統技法を先行し、ジュエリーの会社3社でジュエリークラフトの仕事を務めた後に独立。妻の故郷、長野県の南に位置する阿智村で株式会社ブランツを創立し、「わんにゃんと唐草ジュエリー」を展開しつつ、地元で出会った様々なアーティストと共に作家活動にも着手。学生時代に習得した日本の伝統技法を用いた金属表現を用いて作品を手掛ける。 ★☆グループ展・コンペディション☆★ グループ展「二十一槌」 グループ展「きらり屋」 国際クラフト展~伊丹~にて「Like gauntlet」 入選 グループ展「若造展」3回

あなたにおすすめのプロジェクト

関西学院大学スパノバがコロナで存続危機!引退公のために助けて下さい

伊藤晴歌伊藤晴歌

#音楽

57%
現在
571,000円
支援者
75人
残り
7日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする