「子どもだぢのこどばっかりでなくて私たちの面倒もみてけらいん。」と町内の大先輩の奥さまに声をかけていただきました。震災を機に地域のつながりの大切さを身に染みて感じましたので地域の高齢女性団体「日和なごみ会」の事務局もさせて頂いています。2012年からほぼ月に1回ずつ会を重ねてきてもう7年目。高齢化率の高い地域ですが皆さんの生きがいの一つになっているのではと自負しています。

 3月の会で名知仁子先生のミャンマーでのご活躍の事をお話ししましたら、「昔は助け合いのお金をみんなで持ち寄ったけど何かしたいわねえ。」とおっしゃっていただきました。そこで、話し合ってキャンペーン画像に協力していただくことになりました。どうでしょうか?この皆さんの笑顔が自慢です。他地域の皆さんからのご支援を待つのではなくて、自分たちで何とかしようと思う所から始めたいと思います。ミャンマーと石巻への応援よろしくお願いします。

新着情報一覧へ