クリスマス・イブ、皆様いかがお過ごしでしょうか。


私は家族でご馳走とケーキを囲み、幸せな午後を過ごしました。
丸鶏を調理しながら、命を頂いていることを改めて実感しました。切り身だと、なかなか思いを馳せられなくなっていた自分がいたのです。

この幸せも、もし戦時中だったら... そう思うと、切なくなります。
今回のプロジェクトを始めるきっかけとなったアレックスさんは、9歳のときに突然父親を奪われました。その悲しみを思うと、胸が押しつぶされそうになります。

そんなアレックスさんの心に、今回のプロジェクトで小さな火を灯すことができたらとも思っています。

新着情報一覧へ