今年2月にメンバーが現地を訪問しました!

ご支援くださった皆さまへ

フィリピンに日本人の平和と祈りを込めた戦争慰霊碑を建てたい!という私たちの思いに、ご支援くださり誠にありがとうございました。経過報告を随時させて頂いておりますが、今年の2月にメンバーが現地を訪問しましたので改めてご報告させて頂きます。

 

先々月、2019年2月にBFP会員数名が渡航し、プロジェクトの視察を行いました。


これまでにもご報告していた通り、慰霊碑建立という形には至っておりません。

経過を再度記載しますと、フィリピン政府によるパンガオ高校設立計画が進む中、建設用地購入の費用としてBFPがご遺族のアレックスさんに託した寄付金を借用する方向で話が進んでいました。建設後、高校敷地内に慰霊碑を設置するというものです。

 

現地訪問したメンバーによりますと、現在は土地の交渉が進んでそうです。 今回、慰霊碑構想に関する説明書類を持ち帰ってくださいました。内容をよく読んで署名させて頂き、いよいよこれでBFPで集めた寄付金が遺族のアレックスさんの手を離れ、現地に手渡されることになりそうです。ずっと気を揉んでいたアレックスさんも、ホッと胸を撫で下しておられます。

 

もちろん、今後も一筋縄ではいかないことは想定していますが、また一歩前進できたことを、ここにご報告させて頂きます。

【今後も引き続き宜しくお願いいたします!】

形になるまで随時こちらで報告していきます。引き続きの応援を宜しくお願いいたします!

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています