以前は誰もが知らないアフリカの小さな国の挑戦物語でした。ですが、段々と多くの方々に支えていただくようになり、今回のマディのような少年の想いに対して多くの皆様のご支援をいただき、大変勇気をいただきました!ありがとうございます!

 

残りの期間を通して、最終ゴールの「西アフリカベースボールリーグ設立」を目指して、引き続きご支援を募集します。

 

何かに挑戦しても先の見えないことや、それ以上発展することへの希望のなさ。貧富の差のため、多くがチャレンジすらもできない環境。

 

その現実を変えるための、誰もが挑戦できる、また挑戦の中で生まれてくる様々な成長を促し、将来を担う人材育成のリーグです。

 

設立に向けて必要なのは、強いリーダーシップです。正直なところまだそれができる人材は現地にはおりません。

 

そこで、このプログラムを前に進めるための仕組みを作るために、現地視察を行いたいと考えております。

 

関係各所との連携を行うために、省庁、大使館ほか行政などとの面談。また、具体的にグラウンド、選手宿舎環境、仕事環境の準備などを行う予定です。

 

引き続きのご支援、よろしくお願いいたします。

 

 

概要


西アフリカ ブルキナファソを拠点に、西アフリカ諸国の選手を対象にした初のセミプロベースボールリーグ。

 

また、現地はフランス文化のためパン食なので、選手が野球を続けられるように雇用を創出するために、日本でパン屋を営んでいるノウハウを活かして、ベーカリーレストランをオープンします。

 

 

構想の展開順


2021年 ブルキナファソに西アフリカ初のセミプロリーグ開幕

2020年までに専用グラウンド建設(現在日本大使館の協力で制作中)

選手寮がある(中古物件もしくはグラウンドの横につくる。)
選手の仕事先がある(ベーカリーレストラン国内に8店展開)
2020年 開業目標

2019年4月~ クラウドファンディング実施(目標額500万)

出合現地視察※今回のネクストゴール※
グラウンド建設予定地の視察
選手寮の予定地確保
ベーカリー建設土地の確保
ブルキナファソスポーツ省表敬
在ブルキナファソ日本大使館表敬訪問
ブルキナファソ野球連盟表敬訪問および周辺国連盟との面談
視察予定2019年1月17日~21日

 

 

アフリカベースボールリーグ概要


選手はセレクションのうち2つのカテゴリーにわけられる。
1、優秀選手(野球用具および運営費免除)
✳日本国内独立リーグレベル

 

2、チャレンジ選手(免除なし、仕事しながら活動をしていく。毎月運営費を支払う
✳高校生レベル

✳運営費は寮費、食費、指導料費、送迎費含む。チャレンジ選手は毎月20000フラン支払う

✳試合における出来高報酬制
選手のランキング形式導入
例)ボンフラッパー1000フラン
ホームランフラップ20000フラン
ボンモンター3000フラン
ボンキャラクテール3000フラン
ボンランサー5000フラン


✳スケジュール
4月~8月(乾期と雨期のため)
オフシーズン (自主トレーニング期間)

 

9月~10月   
全体トレーニング期間

 

11月~3月まで 
リーグ戦期間   約80試合  (週4回の試合  主に水、金、土、日)

 

6月  
リーグセレクション(毎年実施)

対象選手→ 17歳以上の男女
対象国→ブルキナファソ、コートジボワール、ガーナ、セネガル、マリ、トーゴ、
ナイジェリアなど

 

新着情報一覧へ