READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

アノマロカリスなどのカンブリア紀古生物の柄の花札を作りたい!

菅原紫穂(カンブリ屋)

菅原紫穂(カンブリ屋)

アノマロカリスなどのカンブリア紀古生物の柄の花札を作りたい!
支援総額
427,500

目標 360,000円

支援者
78人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年03月25日 20:13

花札の絵柄解説【3月】

こんにちは。

東京で桜の開花宣言が報じられましたね。
ここ最近気温もグッと上がって、めっきり春らしい陽気になりました。

今日の絵柄の解説は、グッドタイミング!3月の桜です!

 

 

桜の札には、タネ・タン・カス札通して同じ生き物に隠れてもらいしました。
桜に紛れてへんな形の花が見つかりませんか?
その子の名前は「ディノミスクス」と言います。そしてなんと、お花ではなく、れっきとした動物なのです。

 

 

とはいえ、本当にお花みたいな姿形から、日本の「花」の代表・桜とコラボレーションしました。違和感なく溶け込んでますよね?

 

このディノミスクスという生き物、花札の絵では正面から見た状態で描いていますが、横から見るとちょっと開きすぎたチューリップのようなシルエットをしています。
花びらのように見える部分は、実は触手なのではないか?という説が有力なようですが、化石として出てくる数も大変少なく、現生の生物のどのグループに属するのかもまだよくわかっていません。

 

1月・2月の短札は「あかよろし」の文字を「あのまろし」に変えましたが、3月の赤タンのもとの文字は「みよしの」。古来からの桜の名所、吉野地方の事だそうです。これをアレンジして「むかしの(かは旧字)」としました。ちょっとストレートすぎでしょうか?(笑)

一覧に戻る

リターン

2,500

花札完成品…1個
記念デザイン缶バッジ…1個

支援者
56人
在庫数
制限なし

10,000

花札完成品…2個
記念デザイン缶バッジ…1個
アノマロカリスぬいぐるみ(小)…1個
箱、もしくは説明書にお名前掲載

支援者
19人
在庫数
11

30,000

花札完成品…5個
記念デザイン缶バッジ…1個
アノマロカリスぬいぐるみ(大)…1個
箱、もしくは説明書にお名前掲載

支援者
3人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする