READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

「ケアをする側」が一息休み、相談できる場-ケアの駅-を作りたい

「ケアをする側」が一息休み、相談できる場-ケアの駅-を作りたい

支援総額

73,000

目標金額 900,000円

支援者
8人
募集終了日
2020年1月31日
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

「ケアの駅」をつくり地域で移動
しながら仕事する側を支えたい

 

 

このページをご覧いただきありがとうございます。東京都江東区で訪問看護をしている山田富恵と申します。これまで私は訪問看護師として約17年、一時はケアマネジャー兼任で、車や自転車で地域を走り回って働いてきました。花々の移り変わりや抜けるような青空、燃えるような夕焼けなど季節を肌で感じながらの訪問の仕事は本当に楽しく、やりがいを感じながら仕事を続けています。


でも皆さんに、地域ケアを支える担い手への支援が置いてきぼりな状態であることを、もっと知って欲しいと思っています。病院や施設の中、一般企業の建物内なら整備されているであろう休憩場所が、地域を走り回って働く私たちにはないことが当たり前です。多職種連携が重要と長く言われながらも別事業所の別業種の人と情報交換の場がない中で、必要性を感じている人たちだけが、仕事が終わった後に自腹を切って交流会に参加している状態です。それはどこも同じような状況も多いと聞きます。

 

「地域で働くヘルパーや訪問看護師が、立ち寄れる休憩所が地域の要所にあれば・・。」「その休憩所で情報交換ができれば、忙しい中でも専門職どうしで知恵を共有できるのに・・!」とずっと思っていました。

 

そんな時、私どもの訪問看護ステーションの事務所が手狭になり、移転が必要になりました。物件を探すうち、以前から気になっていた元鰹節屋の風情ある事務所を借りられることに。そこで「道の駅」のようにふらっと立ちよれる、ケアを提供する側を支援できる場をつくると私は決心しました。

 

しかし、使ってくださる皆様が十分に休めるスペースにしていくために、設備費・改装費など、総額で150万円ほどが必要となり、クラウドファンディングを利用して広く皆様にご支援をお願いすることにいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

いちばん左が私、山田富恵です。

 

 

「ケアを提供する側」の福利厚生は
おいてきぼりな現状を体感してきました。

 

企業において働く側の健康管理は義務です。職員用に休憩室を作ったり、社員食堂がある企業も多いと思います。ところが、訪問して日々ケアに走り回っている方の休息事情は厳しいものがあります。置き去りにされている福利厚生の中で頑張っている方も多いはずです…。


車で訪問するところもあるかと思いますが、東京23区内ではヘルパーさんやケアマネジャーさん、訪問看護師などは、電動自転車で走り回っています。酷暑でも、雨の日雪の日でも、待っている利用者様がいるので訪問は欠かせません。

 

ケアを提供する側である私たちは、利用者様の訪問スケジュールや、訪問する方面によっては1度も事務所に戻る時間がない日もあります。毎回外食で不経済だからといって、訪問カバンは重くて弁当まで持参できません。持参しても持ち込みで食べられる場所はわずかしかなく、公園のベンチや、自転車を止めた隅で簡単なパンやおにぎり1つを頬ばって次のお宅に向かうこともあるのです。

 

 

一方で効率化も求められ、事務所に戻らずに直行直帰の事業所も多いと聞きます。深く人生に関わる患者さんの療養生活のなかで、その中の一部をケアする側だからこそ、不条理感や誰かに相談したい疑問点を抱えながらも、一人での仕事が多く、誰にも相談できずにいる方も多いのではないでしょうか。


介護看護などのケア提供者を雇っている会社側が、社員の休憩場所や食事など心身の健康を気遣っているところはどのくらいあるのでしょうか。

 

各自で好きに休憩場所やおいしいランチの場所を探して行く楽しみももちろんあります。でもこれから働く人が減っていき、自助共助しながらなるべく地域で暮らして行く方向に大きくシフトしていく中で、その担い手への支援があまりにも少なすぎると私は思うのです。


そこで今回訪問看護の事業所を移転にともなって、訪問看護事業所に併設する形で「ケアの駅」を作ろうと思い立ちました。  

 

 

 

誰もが気軽に立ち寄り、情報交換ができる場所。
「ケアの駅」を立ち上げます!

 

「ケアの駅」は観光地にある「道の駅」からヒントを得ました。


私が目指す「ケアの駅」も途中でふらっと立ち寄ってホッとでき、日々の悩みを打ち明けたり、ヒントをもらえて、次の目的地に向かって行ける場にしていきたいと考えています。


誰かの悩みは複数人が集まって交流することで解決できるかもしれません。すぐ解決ができなくても、お互い集まれる「場」があって、地域で相談できる顔の見える関係があれば、地域のケアの質は高まると思います。


具体的には、2つの役割があります。


1つは、「ケアを提供する側(ヘルパーや訪問看護師、ケアマネジャー、訪問マッサージ、福祉用具業者の方など)」のサポートです。気軽に立ち寄って休息できるスペースを提供し、お茶、コーヒーなどをセルフで飲むことができるようにします。※健康を意識した食事を取れることも少ないので、将来的にはスムージーの提供や予算があれば、社食システムのようなものを入れたいと考えています。

また、掲示形式での情報交流、勉強会ができる場として運営していく予定です。


もう1つは、地元の方に対するサポートです。必要な時に立ち寄って、ケアに関する情報を得られるように発信をし、また、有志による運動(ヨガ)教室など住民の方が中心となって集える場にしていきます。
 

 

ケアの駅・外観です。
ケアの駅・内観。ここから設備を拡充してまいります。
スペースはあるものの、まだ何も設備は整っていません。

 

【ケアの駅の運営予定について】

 

●運営場所:東京都江東区東陽5丁目29-47 サンフィールド1階

●運営日時:2020年3月〜

●利用対象となる方:地域ケア従事者はもちろん、地域住民の方もご利用いただけます。


【資金使途】

パーティション    350,000円
ダイニングテーブル椅子    150,000円
玄関滑りどめマット2000×2枚、12ヶ月    48,000円
ウォシュレット×2    40,000円
洗濯機    20,000円
サウンドマスキングシステム    30,000円
プロジェクター    5,000円
書架    30,000円
掲示板    5,000円
収納ベンチ(畳風)×6    120,000円
Readyfor手数料    200,000円


 

ケアを提供する側の幸せを守り、
業界の未来も支えていきたい。

 

看護や介護の仕事が「キツイ/汚い/給料安い」の3Kと言われて久しいです。それに加えて、地域を体力勝負で走り回る訪問系のサービスケア者はもっと大変かもしれません。


本来「生老病死」は人生につきもので、それをケアし、支える側の仕事はもっと大事にされていいものだと私は思います。ケアを提供する側が幸せでないと、利用者様に安心と笑顔を届けられないものです。


でも、個々の事業所の中で、あるいは移動中に自分ひとりで愚痴を言っても、なかなか小さな声は届かない。


そんな風に孤独を感じながらも頑張る方のための場所であり続け、地域の方が集まって、健康維持・介護予防ができる取り組みや、情報を得る場所になり、情報や人材のハブにしていきます。


将来的には江東区内で「ケアの駅」が複数個所できるといいなと思います。また、それをきっかけに、地域に出て働いているケアサービス職のための福利厚生にもっと注目してほしい。そうして、今の状況を少しずつでも私は変えていきたい。


壮大な夢ではありますが、このプロジェクトはそんな夢への第一歩です。もしご共感いただけましたら、一緒に力を貸していただければ幸いです。どうか温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

=============

本プロジェクトのリターンのうち、【お名前記載】に関するリターンの条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 

もっとみる

プロフィール

株式会社在宅看護センター城東 代表取締役 訪問看護認定看護師 メッセンジャーナース

リターン

3,000

alt

サンクスカード

●サンクスカード

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

5,000

alt

ご支援者さま限定・活動報告レポートコース

●サンクスカード
●「ケアの駅」活動報告レポート(1年間。年6回PDFにて配信)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

【地域の方向け】ケアに関する個別相談サポートコース

●ケアに関する個別相談(お電話にてご相談に乗ります。〜30分を予定)
●サンクスカード
●「ケアの駅」活動報告レポート(1年間。年6回PDFにて配信)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

「ケアの駅」一口スポンサーコース

●運営するHPにお名前掲載(1年間。希望者のみ)
●サンクスカード
●「ケアの駅」活動報告レポート(1年間。年6回PDFにて配信)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

30,000

alt

「ケアの駅」個人スポンサーコース

●お名前プレート(小)を壁面に掲載いたします。(希望者のみ)
●運営するHPにお名前掲載(1年間。希望者のみ)
●サンクスカード
●「ケアの駅」活動報告レポート(1年間。年6回PDFにて配信)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

50,000

alt

「ケアの駅」シルバースポンサーコース

●お名前プレート(中)を壁面に掲載いたします。(希望者のみ)
●運営するHPにお名前掲載(1年間。希望者のみ)
●サンクスカード
●「ケアの駅」活動報告レポート(1年間。年6回PDFにて配信)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

50,000

alt

ケアの駅貸切権

●「ケアの駅」貸切権(約30名まで入場可。)
●サンクスカード
●「ケアの駅」活動報告レポート(1年間。年6回PDFにて配信)

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2020年4月

100,000

alt

「ケアの駅」ゴールドスポンサーコース

●お名前プレート(大)を壁面に掲載いたします。(希望者のみ)
●運営するHPにお名前掲載(1年間。希望者のみ)
●サンクスカード
●「ケアの駅」活動報告レポート(1年間。年6回PDFにて配信)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

100,000

alt

【企業様向け】「ケアの駅」協賛コース

●企業名と御社のロゴプレート(大)を壁面に掲載いたします。
●ご支援企業様のチラシや作成物を置かせていただきます。
●運営するHPに御社名を掲載(1年間)
●サンクスカード
●「ケアの駅」活動報告レポート(1年間。年6回PDFにて配信)

ロゴデータ等の調整はプロジェクト成立後、別途ご連絡いたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

プロフィール

株式会社在宅看護センター城東 代表取締役 訪問看護認定看護師 メッセンジャーナース

あなたにおすすめのプロジェクト

【気仙沼と共に歩む】桑の和紅茶で健康に!毎日飲める優しい風味

時井 勇樹(ヒノマルベリー代表)時井 勇樹(ヒノマルベリー代表)

#フード

累計支援者数
23人
継続会員数
1人
NEXT GOAL挑戦中

シェアする「次世代型」里山!みんなで楽しめる拠点を南房総に!

南房総のシェア里山「ヤマナハウス」(代表 永森昌志)南房総のシェア里山「ヤマナハウス」(代表 永...

#地域文化

105%
現在
1,582,000円
支援者
94人
残り
18日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする