日本人は古来より詞歌と接し、漢詩に対して日本固有の大和歌(やまとうた=和歌)を生み出しました。短歌は和歌の形式の一つで「五七五七七」の韻文の心地よいリズムで広く親しまれてきています。

 

文章などに書かれた文字を見て理解したり声に出す「読む」という動作と対象的に、和歌の世界では「詠む」と書いて詞歌を作る行為を指すそうです。自分の気持ちをひとつの形式にのせて言語化するという意味では、私たち日本人は自身を表現することが元来好きなのかもしれません。

 

このプロジェクトでは、5,000円と20,000円のリターンに自分で考えた「句」を『貴方の札』として作成することができます。

 

「貴方だけの句」は韻に拘らなくても構いません、心をこめたメッセージを考えてみてくださいね。

 

自身で詠んだ作品でも、座右の銘でも、大切な人にお渡しするメッセージでも内容に制限はありません。貴方のお名前で『札』として実際に形に残すと感慨深く思えますよ。

 

 

新着情報一覧へ