こんにちは!初めまして!学生団体cocokaraの松本康作です。

開始二日目にして、早くもお二人の方からの心温まるご支援を頂きとてもうれしく思っております。

学生島活性化プロジェクトの励みになります!

 

これから毎回、塩飽広島をより身近に感じていただけるよう、島の歴史・文化のご紹介、私たちの想いを綴っていきます!

今回は塩飽広島を語る上で欠かせない「青木石」について、紹介します。

 

塩飽広島は、世界的に有名な「青木石」が採掘される島です。青木石は世界的にも高値で取引されており、一番身近で使われているのは墓石です。

その歴史は古く、天下の名城・大阪城を支える大きな石も…実は塩飽広島の「青木石」なんです!

 

石と共に発展した事を彷彿とさせる、荒々しい岩肌が見え隠れするのも塩飽広島ならではの景観です。

塩飽広島はまさに、青木石とともに時を歩んできた島なのです!

 

今回、ご支援に対する引き換え券の名産品(青木石製品)も、この岩肌からとれた原石を使用しています。

↑大きな岩肌には、ここでしか味わえない迫力があります!

 

塩飽広島には、『島遍路』という文化があります。

次回は四国の文化「お遍路・お接待(おもてなし)」に繋がる『島遍路』を紹介していきたいと思います。

新着情報一覧へ