こんにちは、泣きアンソロ『Cry Baby』プロジェクト主催の敷島豊かな肉です。

 

しばらく前に残り日数のカウントを間違えていたため今後駆け足での作家さん紹介になってしまいますがご容赦ください。。

 

折返しの今回は、漫画で参加してくださる粒アンコさんです!

 

ーーーーーーーー

執筆陣紹介10

 

粒アンコ Twitter pixiv Tumblr

 

2月27日、徳島県生まれ。

好きなもの:「青年幼女、サバの味噌煮」

 

▲シンプルな作画が宝石のような瞳を際立たせます。

 

粒アンコさんはキラキラとした少女や淡い色合いの表現が素敵な作家さんです。

一見さらっと描かれているように見えて、細部はとてもリアリティを持っています。

 

▲描き込みの緩急で見せたいものを浮かび上がらせるセンスが抜群。

 

ひとつひとつの線が心地よく、モノクロの中にもアンティークドールにも似た艶やかさが表現されています。「肌のキメ、細かそう!」という印象があります。

アンコさんは徳島県限定雑誌「月刊ガオー!」で「roi」という作品を不定期連載されているそうです。(徳島県内の書店でしか手に入れられないレアものだそうですよ!)

また、多くの絵描きさんや創作ファンに知名度を誇る「季刊エス」の企画コーナー「イラスト業界のホンネ ~ポートフォリオの作り方~」にて、出版社にイラストを持ち込むときのためのハウツーやコツとともにアンコさん自身のポートフォリオがPDFで公開されています!

 

▲キャラクターに命の宿る表情の多彩さ。

 

アンコさんはpixivFANBOXも150円プランから更新しているので、ぜひ覗いてみていただきたいと思います!

 

粒アンコさんから一言:「キラキラしたものを常に描いていきたいです よろしくお願いします」

 

-----

 

Twitterでは時折ファンアートも描かれるアンコさん。様々なキャラクターと個性的な絵柄がとてもマッチしています。

気になった方はTwitterなど要チェックです!

 

明日はお二方ご紹介させていただこうかと思います。

慌ただしくて申し訳ありません……!

ご支援お待ちしております!

新着情報一覧へ