クラウドファンディング 達成ありがとうございます


来年2019年の私たちのロングライフデザイン活動を支援して頂く応援をクラウドファンディングで行い、目標額の146%、6,865,000円をみなさまからご支援頂きました。あらためまして、お礼申し上げます。ありがとうございました。

今回は2019年よりdで発行していく新雑誌「d news」の編集体制、リサーチなどを含む1冊の制作費を参加応援の形で呼びかけさせて頂きました。 この「d news」は、「その土地らしい」店や飲食店、ホテルなどを2ヶ月住みながら住んでいるみなさんとも協力してもらい47都道府県1冊づつ、作っていくプロジェクト「d design travel」(2018年11月現在 24冊を完成)で紹介した「その土地らしいメッセージを発信している場所」を後追いで取材し、紹介し続けるもの。完成した24冊の日本を中心に、まだ刊行されていない23冊の県にも取材していく「常に47都道府県の”らしさ”を紹介する」雑誌で、ここは日本中の意識高い応援者と一緒に作っていきたいと思い、今回のクラウドファンディングに踏み切ったわけです。お陰様で具体的な支援者と繋がることができました。今後はこの方々と連絡を取り合いながら、一緒に「d news」に限らず、私たちと「ロングライフデザイン」の活動を行なっていけたらと考えています。

来年2019年は、また違うプロジェクトの支援を呼びかけようと考えています。それは2017年5月に休業しました「D&DEPARTMENT 大阪」の復活です。 私たちのすべての事業は、「その土地に長く続いているすばらしいことを種に、その土地らしいものづくりを応援する」という土地の応援活動。事業と言いながら、オーケストラのように、「店として商売」しながら、同時に「商売に向かない非営利な文化活動」の2つを同時に行っています。つまり、活動である「地域活動」が主で、それを行うために「物販や飲食」(そこでも活動のテーマを表現)で利益を出し、自らを成立させるべくがんばっています。しかし、2018年10月に閉店した福岡店など、やはり商売中心で考えていくと難しさがあります。正直、私たちもそのバランスをとったスタイルの構築に未だ悪戦苦闘しています。地域のこと、求められている勉強会などの学びも含めた商品、営業時間、立地、活動店舗面積・・・。

結論としては、会員のような支援者(個人、企業、行政など)と一緒に行っていかないと続けられないと考えています。それを来年2019年、クラウドファンディングを活用し、募り、新しい大阪店を立ち上げようと考えています。 「d news」立ち上げ支援を募り、達成頂いたばかりですが、毎年、私たちだけでは絶対に出来ない「その土地の個性を伸ばすショップスタイルの活動体」としてのD&DEPARTMENTの活動への応援参加を呼びかけさせて頂こうと思っています。 どうぞ、これからもよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、本当に今回の目標達成、ご支援、ありがとうございました。

 

D&DEPARTMENT PROJECT 代表

ナガオカケンメイ

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています