プロジェクト概要

 

東京オリンピック・パラリンピックまで、あと2年!

20,200人にダンスを踊ってもらいたい。

 

はじめまして。公益社団法人日本女子体育連盟(JAPEW)の飯田路佳と申します。JAPEWは、主に幼稚園、保育園、小学校、中学校、高等学校、大学、特別支援学校等の教員や生涯スポーツの指導者が会員になり、ダンスを中心に事業を展開している組織です。夏にセミナーを開催するなど、各学校の先生や地域で指導をしている方々の役に立つ情報を発信しています。


最近TVCMやSNSでダンスの動画を目にする機会が多くなりました。100回目の甲子園を盛り上げた大阪の高校生のダンスや某飲料会社企画の大人数の熱いダンスに元気をもらった方も少なくないのではないでしょうか。

 

そこで、私たちはこのダンスの力で日本を元気にしていきたいと思い、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを応援するため、そして2020年に私たち(公社)日本女子体育連盟が共同開催する「ダンスフォーラム2020(仮)」を盛り上げるために、オリジナル曲「Welcome to TOKYO」を制作し、オリジナルダンスを創りました。

 

「ダンスチャレンジ 20200!」と題し、2020年までに20,200人にダンスを踊ってもらう、そんなユニークなプロジェクトを立ち上げたのですが、動画を発信したりするためのツールとしてのWebサイトの資金が不足しています。どうか、プロジェクトの成功に向けて、ご支援をよろしくお願いいたします!

 

 

 

誰でも参加できる「ダンスチャレンジ 20200!」とは?

 

ダンスは道具を必要とせず、いつでも誰でもできるのが最大の魅力です。必要なものは「やってみよう!」という強い気持ち!こころとからだ、それさえあれば、どんな場所でも、どんな仲間とでも、そして一人でも可能です。

 

 

「ダンスチャレンジ 20200!

■概要

2020年までに、20,200人にこのオリジナルダンスを踊ってもらい、東京オリンピック・パラリンピックを日本中で盛り上げていく。

 

■条件

①楽曲「Welcome to TOKYO」を使用して踊ること。

②Web上の参考動画による踊り方を基にして、参加して下さる方。

グループの特徴にあったアレンジ(例えば、椅子に座って踊る、動き方をゆっくりすることなど)や、楽曲さえ使用すれば新たなオリジナルダンスも可能。

③①②をふまえれば誰でも参加。

④参加したことを報告。

 

■参加方法

Twitter、YouTubeで「#ダンス20200」をつけ、動画や写真と共に踊った日時・場所・団体名・人数を報告するだけで、無料で誰でも参加可能。

※1団体、参加の回数に制限は設けていません

※メールで内容を送付して頂ければこちらでアップさせて頂きます

 

 

オリジナル曲「Welcome to TOKYO」

「空が 明けてゆく/朝日 浴びながら 風を 感じて」という詞から始まり、すべての人に元気や勇気を伝える応援ソング。曲始めに木遣りの声が入り、途中『サクラ、サクラ』のメロディが挿入されるように和なテイストを残しつつ、曲のメインは若い女性の声で構成されたリズミカルな仕上がりが特徴的です。世界中の人と人とがつながり、大きな声を出して歌うことで笑顔になれること間違いなしです◎

 

オリジナルダンスの特徴

①歌いながら、踊ることができる。歌詞に合わせた振付や曲想ごとのモチーフで構成され、覚えやすい。

②自分たちに合ったアレンジが可能。

※ダンスを動画や写真などで共有し、全国の人たちとお互い鑑賞できるのも楽しみです。

 

 

 

私たちはこの「ダンスチャレンジ 20200!」をひとりでも多くの人に伝え、参加してもらいたいと思っています。目標は「あと2年で“20,200”の人が踊ること!」です。そのため、私たちは当プロジェクトを「ダンスチャレンジ 20200!」と名付けました。

 

 

プロジェクトの盛り上がりと効果を把握するためにも、

 Webサイトは必要不可欠なツールです。

 

当初、楽曲とダンスを考案して私たちの中で楽しむということのみを考えていました。しかし、そもそも私たちの活動目的が、ダンスを通じて幸せが広がることですから、より広い範囲の人々に関心を持っていただくことが肝心であると考え始めました。

 

そこで、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の企画の一つである「参加プログラム」への参加を目指し、それに伴うWebサイト制作の構想が膨らみ、今回の資金調達をみなさまにお願いする運びとなりました。(*もし万が一、目標以上の金額が集まった場合には、このプロジェクトを広げるための資金として使用させていただきます。)

 

私たちの活動は学校教員や生涯スポーツの指導者に寄り添うことが主ですが、これらの事業を支えている私たちも教員であり、指導者です。同じ立場だからこそ、問題意識を共有することができ、ニーズに答えられる組織でありたいと思っています。

 

このプロジェクトをみなさまにご支援いただくことで、効果的なプロモーションにつながるWebサイトを制作することができます。刻々と目標の人数に近づいていくこと、日本中、世界中の人とダンスでオリパラを応援する熱い想いを共有できること、さらに一つのチームが上手になっていく様子や工夫している様子を見て楽しむなど……イベントへの一体感が大いに期待できます。

 

こうした観点から、是非とも「ダンスチャレンジ 20200!」のWebサイトを完成させたいのです。

 

 

 

多くの人の目と耳に届くプロジェクトに向けて。

 

“どこでも、誰でもできるダンスの魅力をこの機会に知ってもらいたい!”

 

私たちJAPEWは60年以上に渡り、学校体育指導者や保育者、生涯スポーツの指導者に向けて、常に新しい情報やダンスの楽しさを届ける研修会・講習会を提供してきました。56年ぶりの東京オリンピック・パラリンピック開催が決まり、私たちのダンスに対する熱い想いは一気に花開き、日本中、世界中の人と一緒に踊る楽しさを直接届けたいという思いがふくらみました。

 

 

 

おりしも世の中はTVCMやSNSなどで、ダンスで自己表現をする子どもから高齢者までが盛り上がっています。私たちのオリジナルダンスをウェブの波に乗せてひとりでも多くの人に届け、このプロジェクトが大きく広がっていくことを期待しています。

 

いざ、楽曲やダンスが完成してみると、プロジェクトの人数管理などの仕組みの構築やWebサイト制作など、「サーバーって何?」という状態のITに疎い私たちにとっては思いもよらぬ事態が発生しました。公益法人であることや教育的な活動が多いことから、潤沢な資金がなく、このプロジェクトのための活動資金が足りません……!しかし、せっかくすばらしい楽曲やダンスが完成したのだから、少しでも多くの人の目と耳に届けたいと思っています。

 

ダンスで共に楽しく体を動かせば、垣根を超えて周りの人たちとの繋がりを実感できます。子どもたちも高齢者の方々も、男性も女性も、生徒も先生も、これまで興味がない人も……!私たちはこのような経験こそ、現代の日本社会に必要なものであり、日本を元気にするのではないかと思っています。

 

「ダンスチャレンジ 20200!」をたくさんの人に伝え、知ってもらって踊ってもらって、ニッポンのこれからを明るくしていきたい!そのために、どうか皆さまのお力を貸していただけないでしょうか。よろしくお願いします!

 


最新の新着情報