解体工事が完了して、四間道側の増築部分も撤去されました。まだ仮設のベニヤで塞がれていますが、元々の建物の形がイメージできるようになりました。



 





 





内部から見た様子です。



 





小屋組(屋根の骨組み)の様子です。屋根の補修が行われた痕跡(薄いベージュ色の部分、屋根下地のベニヤと思われます。)が見えます。


新着情報一覧へ