みなさんから、ご支援をいただくとともに、いろいろなご意見も同時にいただいておりまして、そのリクエストにも順次答えていきたいと記事を準備しております。

 

まず、どんな航空写真が撮れるのか?


というご意見で、まずは倒れこみ補正を行った青山学院大学の相模原キャンパス全域の航空写真を御覧ください。

空間解像度は約3cm、高さ約100m上空からの撮影になります。
撮影日は、改正航空法の前である2014年11月。マルチコプターではなく、固定翼タイプのドローンを用いた約20分間の撮影になります。

いろいろ使い勝手の良いデータを更に準備しておりますが、もう少し見やすい形では、こちらのページからご覧ください。

http://gigapan.com/gigapans/165911

新着情報一覧へ