私が絵本を作る理由を聞いてください

 

「夢は言葉にすれば、現実になる!」今は本当にそう思えます。

 

私が絵本を作ろう、と決心したきっかけとなったのは、笑いヨガの仲間から

「笑いヨガの絵本、志穂さんつくって~」

って言われたことでした。

 

笑いヨガの絵本・・・それまで、なんとなくぼんやりと、あったらいいのにな~、、と思ったことはありましたが、すぐ調子にのる私は、

「そうだね~!作ろっか!」

 

とその場で言ってしまったんです。でもその時は具体的なプランがあったわけではありません。ですがその後、絵本を作りたいと思ってることを、色んなところでちらほら言っていたら、「志穂さん、作って!」と言ってくれる人がたくさん現れたんです。

 

 

そして今年の5月、愛知で開催された「全国笑いヨガ大会」では、子供のための笑いヨガエキスパートとして登壇した際、全国から集まった200名以上の笑いヨガ仲間たちの前で、なんと

「笑いヨガの絵本を出版します!」宣言しちゃった私。

 

その時はまだ、具体的な事は、なんにも決まっていなかったんです(笑)。ただ、子供を怒ってばかりいて、笑顔を忘れたママと子供の話、という事だけは決まっていました。

 

そう、過去の私の話・・・。

 

 

 

私は現在、親子の運動あそび教室や、ベビーダンスなど、いくつかの教室を主催しています。

子供とふれあいながら運動をするというプログラムなのですが、ここへ通うママたちの目的は、単に子供の運動機能やご自分の運動不足解消のためだけではありません。まさに同年代の子供のママ友たちと笑い合ったり、困りごとを相談し合ったりと、そこで話をするだけで、かなりストレス解消にもなっているといいます。

 

そんな中、時々私に相談をするママもいます。

 

「いつもガミガミ叱ってばかり…」

「感情的に怒ってしまって毎日反省…」

 

志穂先生のようにいつも笑っていたいけど、ついイライラして、、、というママたちの本音を、たびたび聞いています。

 

 

私もかつて、そうだったように、、、

 

日々の忙しさや、育児中の孤独感や焦りや疲れで、イライラと子供にあたっては、自分は母親として失格・・・と自分を責めているママがなんと多い事か!

 

 

この絵本のストーリーを読んだ時は、多くのママたちが

「それ、私のことだ・・・」

と言って、涙を流します。

 

 

そんなママたちが

「笑う幸せ」を日々思い出せる 絵本を作りたい・・・

 

という想いでスタートした絵本プロジェクトです。

 

 

 

多くの方に支えられ、おかげさまで先日、第一目標を達成!!絵本を作る事が、現実となりました!

 

でも、ただ絵本を作っただけでは、私の目的の半分しか達成していません。より多くの悩めるママたちへ、そして、笑顔を必要としている人たちへ、届かなければ意味がありません。

 

 

”笑い”で救われる人たちは、ママに限らず、老若男女、たくさんいます。  

 

日本中の、一人でも多くの人へ、笑いの種を届けたいと思っています。

 

そのためには、まだまだ資金が足りません。

シェアや紹介だけでも構いません。

引き続き、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

佐藤志穂

 

 

 

新着情報一覧へ