ご支援頂いている皆さまへ

 

こんにちは。

今日は、モザンビークから屋根に着手した写真が送られてきました。
少し曇り空で、色がわかりにくいかもしれませんが、深緑色の屋根です。

屋根に使われた構造材は木材。
これから、来年度にかけて少しずつ、天井板をつけたり、
配線を考えて電気をつけたり、工夫していく予定です。

 

私たちえひめグローバルネットワークは、市民レベル、市民目線でできることを
「続けていく」ことができるよう、考えながら取り組んでいます。

 

一度に、業者が何もかもやってしまう、という建て方ではありません。
公民館を、みんなと一緒に建てる、というコンセプトで歩み続けます。

 

ここに暮らすシニャングァニーネ村の人々が、そのようなやり方で
小学校を建てました。(まだ、途中ですが・・・)

 

彼らができるやり方に沿いながらも、
きちんとした屋根の取り付け方、
きちんとした窓やドアの取り付け方を「学ぶ機会」を提供しながら
完成までの道のりを、皆さまにもご報告していきたいと思います。

 

皆さまからのご支援が、これから順次「カタチ」になっていきます。
どうぞ、引き続き、温かく見守ってくださいますように。
カニマンボウ!(シャンガーナ語で「ありがとう!」)

 

えひめグローバルネットワーク 竹内よし子

新着情報一覧へ