「文化財マネージメント」代表の宮本です。

当方では、「地域文化財の修復と保護」の支援事業を行っております。

 

当方はこの事業プランで、TOKYO STARTUP GATAWAYというビジネスコンテストに参加しておりました。

546人の応募からファイナリスト10人にまで勝ち抜いていまして、つい先日、決勝大会がありました。

http://tokyo-startup.jp/final2015

 

 

結果としては、残念ながら力及ばず、受賞なりませんでしたが、多くの方々に過疎地域に文化財の置かれている厳しい状況を知っていただけたので、私としては満足しております。

 

もちろん、今回の永昌寺の「十六羅漢像」を修復するプロジェクトについても、お話ししまして、会場の方には関心を持っていただけたと思っています。

 

 

今後は、過疎地域の文化財の現状などをより多くに人々に伝え、改善していきたいと思っています。

新着情報一覧へ