*残り7日となりました!みなさんのご支援どうぞよろしくお願いいたします!!

Fermentators week が行われる秋田県湯沢市周辺には、自らの豊かな感性と知恵を地域のものごとと軽やかに掛け合わせ、おもしろく、しなやかに暮らす Fermentators(個性を醸す人)がいます。
 
Fermentatorsの言葉から見えてくる、この土地の美しさ、厳しさ、無限の奥行き。育まれた食文化の圧倒的な豊かさ、美味しさ。地域への想いと葛藤。
 
こんなFermentatorsがいるまちってどんなところなんだろうと気になり始めたあなたは、もう発酵の虜!


 
Fermentators vol.9 猪俣公太さん / ​​Farmer粋
 
秋田県内最古の温泉地である秋ノ宮温泉郷。渓流がつくる美しい景色。おいしい水で育ったお米、野菜ー。
この土地が持ついくつもの魅力と、農業の素晴らしさを外の人にも発信したいと、モデルをしながら農家になったというFermentatorにお話を伺いました。

 


Farmer粋​​ 猪俣公太(いのまた・こうた)さん
1979年、湯沢市秋ノ宮生まれ。高校卒業後は仙台と東京で10年以上暮らし、飲食店に勤めながら​SOS MODEL AGENCY​の所属モデルとして活動。東日本大震災を機に自然に生かされていることに気付き、半年後に地元へ戻って農業生産法人に従事。2018年に独立し、​Farmer粋​を設立。モデルの仕事を続けながら、ネギ、イチゴ、西洋野菜などを栽培している。


 
ー今年農家として独立された猪俣さんですが、そもそも地元で農業をしようと思った理由は、なんだったのでしょう?
 
猪俣:
​​僕はここ秋ノ宮の出身ですが、両親は共働きのサラリーマンで、農業とはゆかりがありませんでした。東京にいた頃は野菜をほとんど食べていなかったくらい、関心も薄かった。
けれど、東京で体験した東日本大震災で価値観がまったく変わりました。
 
東京はとても便利なまちなんですが、いざと言う時はとても脆く、自然の脅威を前に何もできなくなるんだと感じました。でも、当事者である東北の人たちはとてもたくましくてー。
そういう人たちを見て、僕も​自分でものをつくり生きていけるようになりたいと農業を志し、震災から半年後には地元に戻ってきていました。
 
とは言え知識も技術もなかったので、最初は地元の農業生産法人に勤めて、勉強させてもらいました。そこでネギの栽培を担当したこともあって、現在もネギを中心にイチゴや西洋野菜などの作物をつくっています。今年4月に独立してからは忙しくてなかなか行けてないんですが、農繁期以外は東京へ行ってモデルの仕事も続けているんですよ。

 


 
ー震災を体験し、自然と向き合う仕事を選ばれたんですね。実際に農業を始めてみて、どうでしたか?
 
猪俣:
すごく楽しいですよ!体力的にはキツい時もありますが、辛いと思ったことはないです。 東京時代に飲食店で勤めたこともあったので、その時の情報を活かしながら、都心にも野菜を卸しています。
 
農業だけでなく、グリーン・ツーリズムや農業のPRイベントなどもやっています。農業はとても素晴らしい仕事だと思うんですが、近くには同年代の農家が少ないんです。だから、​外から農業に興味を持つ若者に来てもらって、農業の楽しさを見せていく​​ことも大事だと思っています。
 


 
ー猪俣さんには、Fermentators Dinner (発酵人晩餐会)のうち雄勝地域を舞台にした11月8日にネギを提供していただきます。参加される方、興味を持ってくださっている方にメッセージをお願いします!
 
猪俣:
ここの魅力は、四季ごとに違いがハッキリとしていることです。今回のイベントは秋開催ですが、本当は、春夏秋冬すべて体験してほしいくらいですよ(笑)!

 

秋が過ぎれば豪雪の冬、冬が終われば春がやって来て、青々とした草木が茂る夏が来る。1年に4回、別の景色を楽しめるんです。夏から秋の移り変わりを見ると、さらに感動が増すと思いますよ。
 
僕は震災の時、人間は自然に生かされているんだということをまざまざと感じました。ここは、​春夏秋冬それぞれの自然の恵みをありがたく思いながら、自然とともに生きていく​​、そんな「共存共栄」の気持ちを大切にしていける場所なんです。
 
参加してくださる方にも、ぜひ自然の素晴らしさ、湯沢の魅力を体感していただきたいです!

 


 
写真・​Otan/Photography​ 文・平元美沙緒 〈Fermentators week 広報担当〉

 

*猪俣公太さんのネギが食べられるイベント詳細はこちらから


Fermentators Dinner 発酵人晩餐会(発酵×いぶりがっこ×イタリアン)
雄勝野きむらやのいぶりがっこ、秋ノ宮産ネギ、イルサロ特製の自家製生パスタを使ったイタリアンコースをご用意!​更には、唎酒師の菅善徳さんがお料理に合う日本酒をセレクト。イタリアン×日本酒のペアリングもお楽しみに!​いぶりがっこ工場体験はもちろん、院内銀山や院内石について学んだり、モデルをしながらネギ農家へと転身した猪俣公太さんの圃場を見学させていただきながらお話を伺ったりします。
 
( 開 催 )2018年11月8日(木)
( 時 間 )14:00-20:00
( 会 場 )珈琲焙煎工房バルーガ(湯沢市雄勝地域)
( 協 力 )雄勝野きむらや・Farmer 粋・イルサロ・NPO 法人こまちハート・オブ・ゴールド etc…
( チケット )Ready for限定(クラウドファンディング)


 
*Fermentators Weekの参加チケットは、クラウドファンディング〈Ready for〉へのご支援のリターンとして進呈させていただいております。 


【11/3-9に参加希望の方へ】Fermentators' Dinner 1day チケット ¥15,000​​のリターン
■11/3-9 Fermentators Dinner(発酵人晩餐会)1day チケット1枚
*11/3-9で1日お選びいただけます
※11/3-4のチケットをご購入の方はWorld Fermentators' Summitへご参加いただけます
※11/5-9のチケットご購入の方には各地域に根ざした観光資源を体験できるコンテンツをご用意しております
■記録物にお名前掲載(希望者のみ)
■お礼のメール 


新着情報一覧へ