READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

本当の姿を知ってほしい。朝鮮学校の美術展を松江で開催します!

森 昌義(在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会)

森 昌義(在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会)

本当の姿を知ってほしい。朝鮮学校の美術展を松江で開催します!
支援総額
391,000

目標 300,000円

支援者
56人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2017年12月12日 17:57

応援メッセージリレー#11 「ウリハッキョ応援団 金 淑子」

 今回の応援メッセージは"朝鮮学校のある風景"編集人 金淑子(キム スッチャ)さんです。どうもバリバリの「京都パッチギ世代」らしい。前回登場の金日宇(キム イルウ)さんと共同でウリハッキョ(朝鮮学校)の歴史を記録に残す活動をしています。胸を張って「在日朝鮮人です」と言う金 淑子さんに「学美-ガクビ」の魅力をお聞きしました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「朝鮮学校のある風景」より  

【京都パッチギ世代?】

 「パッチギ」(監督・井筒和幸)という映画をご存じでしょうか?一九六八年の京都を舞台に在日朝鮮と日本人の青春群像を描いたこの作品は、二〇〇五年一月に公開され、キネマ旬報ベストテン 1位、毎日映画コンクール最優秀作品賞、ブルーリボン賞作品賞を受賞して話題になりました。

 主人公が通っていた京都朝鮮中高級学校は私の母校です。私が通っていた七〇年代中頃も映画のような光景が繰り広げられていました。当時の在日朝鮮人たちは、明日の見えない貧しさにうちひしがれ、底辺から抜け出せない社会の抑圧に憤りながらも、家族を守り、友だちを思いやり、力を合わせて懸命に生きていました。息苦しさを振り払うように、勇ましい言葉や腕力で自身を誇示するしかなかった時代でもありました。

 

【表現豊かな子どもたち】

 あれから半世紀、朝鮮学校はずいぶん変わりました。当時のイメージがモノクロだとすれば、今は4Kというくらいに。こんな例えは、学美の作品を見ていただければ、きっと一目瞭然だと思います。

 何よりも子どもたちが表情豊かなのです。喜んで飛び跳ねたり、大声で笑ったり、泣いたり、首をかしげたり、困惑したり、後ずさりしたり、意気込んだり…。高級部の作品の前では立ち止まりいつの間にか時間が経ってしまうことも度々です。発想が豊かで、深くて、気づかされること、納得すること、驚かされること…。ただおもしろ過ぎて離れられない作品もあります。忘れていた十代のほろ苦さやときめきにジーンとし、IoT時代(すべての家電機器にインターネットが繋がる時代)に育つ子どもたちの感覚に目を丸くして、日常とは違う自由で個性的な空間を満喫していただければと思います。

 

【ヘイトスピーチを乗り越えて】

 子どもたちののびのびとした作品とは裏腹に、朝鮮学校の現状は相変わらず今も厳しいです。二〇〇九年には京都の朝鮮初級学校のまえで、日本の右派系市民団体の大人十一人が鉄の棒などを手に授業中の学校に向かって「ろくでなしの朝鮮学校を日本から叩き出せ。なめとったらあかんぞ。叩き出せ」などの罵声を拡声器で四六分間浴びせ続けるという事件もありました。児童たちは校内で身を寄せ合って耐えたといいます。

 近年取り上げられるヘイトスピーチですが、朝鮮人に向けられるそれは、どれも聞き覚えのあるフレーズです。百年以上前から「朝鮮」という呼称には、常に侮蔑の響きがありました。最近ではそれに「北」という音がついて新たな差別が加味されました。

 正直、私も「朝鮮」という言葉を口にするのをためらうことがあります。韓国籍だから韓国人でもいいのではないかと、ごまかしたくなることもあるのですが、それでも私たちはあえて「在日朝鮮人」と名乗ります。それはこの呼称に込められたすべてが、祖父母が日本に渡ってきたころから受け継がれてきた私たちの歴史だからです。

 そんな厳しい状況で、子どもたちはどうしてそんなにのびのびした作品を創作するのでしょうか?それは朝鮮人であるということをしっかりと受け止められる環境があるからです。自分の歴史を知って言葉を学び、それらを生活の中でともに消化する同世代の友だちがいるからです。

 

【ぜひ美術展にお越しいただき、朝鮮学校に触れてください】

 現在の朝鮮学校は、六〇年以上に渡って同胞たちのそんな思いを支え続けてくれた朝鮮、韓国のNPO団体や市民たち、そして山陰地域の学美実行委員会のような日本の方々の思いやりと愛情で成り立っています。厳しい中でも愛情に包まれて育つ彼らは、誰かを恨んだり、ひがんだりするのでなく、対等な立場で互いを尊重することを学ぶのです。

 朝鮮学校で学ぶ子どもたちは、日本で生まれ育った皆さんの隣人です。日本社会の一員として役割を果たしていく人材です。日本と朝鮮半島の平和の種を育てるように、朝鮮学校に関心を持っていただければと思います。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

お名前・団体名を記載した感想集

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

朝鮮学校応援缶バッチ3枚+生徒たちの絵を載せたポストカード5枚

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能
◆新バージョンの朝鮮学校応援缶バッチ:3個
◆生徒たちの絵を載せたポストカード:5枚

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

10,000

プロジェクトを全力応援プラン

◇感謝の気持ちを込めてお礼のメールをお送りします
※手数料差し引いた金額をプロジェクト実行資金に充てさせて頂きます

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全入賞作品収録DVD

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能
◇新バージョンの朝鮮学校応援缶バッチ:3個
◇生徒たちの絵を載せたポストカード:5枚
◆第46回美術展 全入賞作品収録DVDをお送りします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

プロジェクトの相談をする