クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

本当の姿を知ってほしい。朝鮮学校の美術展を松江で開催します!

森 昌義(在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会)

森 昌義(在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会)

本当の姿を知ってほしい。朝鮮学校の美術展を松江で開催します!
支援総額
391,000

目標 300,000円

支援者
56人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2017年12月13日 20:50

応援メッセージリレー#12 「ウリハッキョ応援団 赤井吉雄」

 皆様からの多大なるご支援を賜り、残り7日を残し目標に達成することができました。心より感謝と御礼を申し上げます。現在、キュレーターと「ネクストゴール」を調整中です。決定しだいご報告申し上げます。

引き続き応援、紹介、拡散お願いします。

 

 さて今回の応援メッセージは「多文化共生みっくすさらだ」代表の赤井吉雄さんです。「学美-がくび」にはまって、神戸、岡山、広島の朝鮮学校の行事の「追っかけ」をしています。松江展に合わせ1月には映画「60万回のトライ」上映会を計画しています。赤井さんに「学美」の魔法をお聞きしました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

私が学美に関わり学んだことは2つ有ります。

1.「自分で考え、自分で表現し、自分で発信していく」

   二人の生徒が教えてくれました。

2.在日というフィールターを取っ払って子供達の作品そのものと向き合ってほしいと指摘して戴いた先生の言葉

 

 学美-高校生の美術展の作品はこれまでの私の既成概念を打ち破ってくれました。今まで私にとって既存の美術作品-絵画等は一つの物でしかなくそこから思考-自らの生き方内面まで問われるなどという発想は一切有りませんでした。美術=綺麗な物をそれぞれの個性で写し出す または、その時々を賛美する手段に使われる「物」でしか有りませんでした

 

 学美に出展されている作品を前にして―作者のプレゼンを聞くととりわけ高校生の作品から毎回毎回自己点検を迫れられる気持ちになります。

 若い高校生の作品から 「あなただれで 何をしたいですか? 何をするのですか? 何を考えているのですか?」と彼ら彼女らは日常をも含めた中で作品を表している

 

 今まで自分の内面と向き合ってきたのか 深く向き合うこと無く逃げていたなと作品を見ながら感じている自分がいた。

 

 自らの日常と「場」との差異 どうしてこんなに強い(自らの内面と向き合うことが出来るのだろうか---これが不思議でとにかく当事者に会ってみよう 視よう話しを聞こうと美術展に通い続けています。毎年毎年気になる生徒、会いたいと思う生徒が出てくること自体魅力があると思っています。子供達の「世界」を大切に見守り続けるウリハッキョ、地域コニミュニテイの力を感じます

 

 現物を見て感じて出来れば当事者と話をして何かを感じ取って戴ければと思います。 日々数字ばかりに縛られる親父すらハマってしまったのですから。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

お名前・団体名を記載した感想集

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

10,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

朝鮮学校応援缶バッチ3枚+生徒たちの絵を載せたポストカード5枚

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能
◆新バージョンの朝鮮学校応援缶バッチ:3個
◆生徒たちの絵を載せたポストカード:5枚

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

10,000円(税込)

プロジェクトを全力応援プラン

◇感謝の気持ちを込めてお礼のメールをお送りします
※手数料差し引いた金額をプロジェクト実行資金に充てさせて頂きます

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

30,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全入賞作品収録DVD

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能
◇新バージョンの朝鮮学校応援缶バッチ:3個
◇生徒たちの絵を載せたポストカード:5枚
◆第46回美術展 全入賞作品収録DVDをお送りします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

プロジェクトの相談をする