最初、ギフトを用意させていただくことになり
1番に 「健一自然農園」代表 伊川健一さんに相談しました。



たえ

「健ちゃん 私「がん患者さんの看病をしている人のサポート会」で
運営資金を クラウドファンディングで 募ってみようと思うねん。
それで 支援金のギフトを用意したいねんけど
どうにか協力してくれへんかな?」

健一お茶

「看病している人のサポートですか!!
それは素晴らしいです!!
たえさん、それやったら うちのお茶を 協賛品として寄付させてもらいますよ
なんぼでも言うてください。
それに看病してるひとに お茶でほっとしてもらいたいですよね

それやったら カフェインのあるものより

ノンカフェインの 三年番茶っていう  優しいお茶があるから
それを協賛品として提供させてもらいます。

たえさん、しんどいでしょうけど
看病してる人のために頑張ってくださいね」


っていう感じで健ちゃんは 二つ返事で応援してくださったんです。
気持ちのやさしい 健ちゃんたちが
農薬を使わず、一生懸命手をかけて 育てたお茶。


ありがたい気持ちでいっぱいです。


提供してくれた
「神農茶」(三年番茶)

 

『健一自然農園のこと 健一自然農園とは』


健一自然農園とは

 

私たち健一自然農園は、奈良県北東部、標高200~600メートルの日本のふるさとの原風景残る大和高原で、無農薬・自然栽培による土の力が素直に生きた、香り豊かな大和茶を作っています。


健一自然農園とは 昼と夜の寒暖の差が大きく、早朝霧が立つこともしばしばという、おいしいお茶ができる条件が揃ったこの地域では、古くからお茶作りが盛んに行われてきました。


そのありがたい気候・風土を活かした大和高原ならではのお茶作りを地域のお年寄りの方々から受け継ぎ、少しづつ実践しています。
健一自然農園とは 縄文人が暮らし、美しい都も栄えたという神秘的な地域、まほろば大和高原。


ここから私たちが皆さんに届けたいのは、聖なる土地をに目を向け、生命を大切にし、純粋に育まれた、「安心して楽しめる」自然栽培の大和茶とその大地と共にある暮らしです。

 


農業で自然と人をつなぎ、持続可能な希望に満ちた世の中になることを願って健一自然農園は素晴らしい仲間達と活動しています。
私たちのこだわりの自然茶をお楽しみいただけると幸いです。

 

 

 

 

 

健一自然農園 代表 伊川健一


”自然栽培”とは
生きとし生けるものが健やかに育まれてゆくこの地球(ほし)の仕組みに沿って、一切の農薬・肥料を用いず、次世代により美しい土壌と環境を繋いでいく調和の栽培法。

 

健一自然農園 

〒639-1123 奈良県大和郡山市筒井町696-1 

TEL/FAX : 0743-56-3313  メール :info@kencha.jp

http://www.kencha.jp/about.html

新着情報一覧へ