READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ドキュメンタリー映画「最後の吉原芸者みな子姐さん」を上映したい

安原眞琴

安原眞琴

ドキュメンタリー映画「最後の吉原芸者みな子姐さん」を上映したい
支援総額
637,000

目標 250,000円

支援者
31人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2013年06月25日 20:16

プロジェクト完了のご報告

ご支援者様へ

 

お陰さまにて、6月23日(日)、浅草見番での第1回上映会を、無事に終えることができました。

いらしてくださった方々には、裏方でバタバタしていたため、お声もかけられず、申し訳ございませんでした。

でも、皆様のお気持ちが、裏方の私にも、出演者の方々にも伝わってきました。

イベントごとというのは、主催者と出演者そしてお客様の気持ちが1つになった時に、最高の雰囲気が醸し出されることを、あらためて感じることができました。

これからも、このような、イベントや講演会などと併せた上映会を開催していく予定でおります。

今後とも皆様にお知恵やお力をお借りすることもあるかもしれませんが、

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

長い間、ご支援を賜わりまして、

本当にどうもありがとうございました。

 
安原眞琴

 

最後に、当日の雰囲気をお伝えするために、チラシのデザインをしてくれた友達の柴田さんが撮った第二部お座敷芸の写真を、掲載させていただきました。

引き幕の前で安原がご挨拶しているところ。

太鼓を打つ浅草の半玉千華さん。

虎拳の説明をしているところ。左から、浅草芸者の聖子さん、太鼓持ちの七好さん、みな子姐さんに踊りを教わっていた芸人の北見さん。

浅草見番で吉原の幻の芸「二調鼓」を披露する、吉原のもと半玉の二三松さん。

唄をうたう浅草芸者の紫沙さんと三味線を弾くゆう子姐さん。ゆう子姐さんは御歳90歳で現役。つい先日ご本も出版されました。

フィナーレは全員で「吉原締め」で締めました。(マイクを持つのは第二部の司会をしてくださった望月太左衛さん。)

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

※サンクスレターを1枚
※ポストカードを1枚
※チラシを1枚

上記をお送り致します。

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000

※サンクスレターを1枚
※ポストカードを1枚
※チラシを1枚
※上映会へのチケットを1枚

上記をお送り致します。

支援者
12人
在庫数
完売

15,000

※サンクスレターを1枚
※ポストカードを1枚
※チラシを1枚
※上映会へのチケットを1枚
※DVDを1枚

上記をお送り致します。

支援者
14人
在庫数
完売

30,000

※サンクスレターを1枚
※ポストカードを1枚
※チラシを1枚
※上映会へのチケットを1枚
※DVDを1枚
※みな子著『華より花』を1冊
※抜刷り(小冊子)を1冊

上記をお送り致します。

支援者
4人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする