Giza 3D Surveyのプロジェクト・リーダーの河江です。

 

お待たせしました!

 

三大ピラミッドの3Dデータの生成と解析は困難を極めましたが、ポスト・プロセッシング・チームが8ヶ月以上に渡って奮闘した結果、ようやく完成に近づきつつあります!

 

学術的に使用する精密3D点群データは、千葉さん率いるラング社が行っており、各ピラミッドの石材の詳細な形状を分析するために13mmピッチで作り出そうとしています。現在、メンカウラー王が完成し、カフラ王のピラミッドもほぼ完成。点群データはメンカウラー王が目標値の1.5倍ある約3億5500点、カフラー王も1.5倍である15億点という驚異の数値になっています。

 

 

CGやVRに使用するデータは、DroneNetの市川さんが行っており、クフ王のピラミッド、カフラー王のピラミッド、メンカウラー王と三大ピラミッドが完成し、現在、特別報告会でお見せする映像を制作中です!

 

 

特別報告会『ピラミッド・クエスト』(8月18日開催。「調査コアメンバー」、「大ピラミッドメンバー」、「三大ピラミッドメンバー」、「ファラオメンバー」の方向け)は、TEXxSaikaiのファウンダーでもある長崎県立大学の金谷先生が全力で準備中です!

 

報告会後には、こちらのHPでも合わせて報告させて頂く予定です。

 

あと10日ほどですが、どうぞ、よろしくお願い致します!

 

河江肖剰

名古屋大学の居室にて。

 

 

新着情報一覧へ