READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ハイチ人医師を日本の医療教育で育成し、結核患者を救いたい!

大類隼人

大類隼人

ハイチ人医師を日本の医療教育で育成し、結核患者を救いたい!
支援総額
2,070,000

目標 2,000,000円

支援者
154人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2012年06月27日 22:52

研修は順調に進んでいます!!

ハイチ人医師研修プロジェクトも中盤を迎えております。

 

研修は進み、様々な講習やトレーニングを行っています。
写真を中心に、プロジェクトの進行を紹介いたします。


 

レントゲンの診断トレーニングは時間ができたときには常に行っています。

ハイチ国内でもレントゲンの検査は可能であり、繰り返して行うことで、診断能力は一ヶ月後、大きく伸びるはず。 

 

 

 

消防署で救急救命士、レスキュー隊のトレーニング内容を勉強。


いかに迅速に、一秒でも早く処置を行い、命をつなぐ努力をしているのかを感じてもらいます。

こん  今回特別に彼らのために救急隊が実演中!!

 


 
 

重要なトレーニングの一つは、救命救急の蘇生の処置です。

 

大人の救命処置はもちろん、とくに小児の救命は全世界でも必須の技術。

小さな子どもは、のどに物を詰まらせるなど、トラブルが多いもの。
もしトラブルで心停止しても、その後の蘇生がうまくいけば回復力も大きいのです。

是非ここで蘇生法をマスターしておいてもらいたい!

 

その他、日本がこの神戸の地震を経験したあと、どのような防災システムを構築していったのか、またそれが有効だったことやそうでないこと等、歴史を見ながら勉強しています。


これは日本とハイチ、両国にとって重要な課題。この経験をどう生かしていくのか。
 

 

 

 

そして今週から感染症をどうやって病院施設でコントロールするかを学んでいます。
どのように治療を進め、抗生剤を決めるのか。感染制御部の院内ラウンドで勉強します。

 

 

とくに今回のプロジェクトの主旨である、結核に特化した診断と治療の勉強に取り組み始めています!!
呼吸器内科による結核の診断、および治療、そのポイントを解説。

 

 

 

まだまだ中盤であり、これからも研修を重ねます。

ほとんどの研修は、このプロジェクトを支えてくださるたくさんの医療従事者の方のボランティアで行われております。

またこのプロジェクトを支え、彼らの生活を支えるボランティアスタッフも想いはひとつ。

 

現在のところ、順調に研修は進んでおります。
多くの方にお気持ちをいただき、ご協力をいただき、この研修が実現しています。
本当に本当に感謝しています。

私たちFuture Codeも一丸となって取り組みます!!

皆さま、今後ともどうぞ応援ください!!



 

一覧に戻る

リターン

1,000

Future Codeからのハイチ風景写真がプリントされたサンクスレターを1枚お渡しします。

支援者
33人
在庫数
制限なし

3,000

上記の項目に加えFuture Code特製オリジナルピンバッチを1つお渡しします。

支援者
59人
在庫数
制限なし

10,000

上記に加え本プロジェクトに参加したハイチ人医師二名からのサンクスレターを交付する。合わせて本プロジェクトのドキュメンタリーDVDを一枚交付する。

支援者
56人
在庫数
制限なし

30,000

上記に加え独特な描かれかたをされているハイチの絵画を差し上げます。

支援者
20人
在庫数
完売

100,000

上記に加え、シスター須藤昭子先生とNGO Future Codeによる直筆サイン入りサンクスレターを差し上げます。(ハイチ絵画はこのチケットにはつきません。)

支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする