みなさん、こんにちは。
日本ダイバーシティ推進協会で代表理事をしています、久保博揮です。
「違いを価値に変える」を理念に、
誰もが自分らしく働くことができる未来を目指して、
2012年より活動をして参りました。
 
この5年間の活動の中で至った、私の思いがあります。
それは、人材が欲しい採用者側と仕事が欲しい就活者側が、
もっとより良い形で結びつく方法がないものだろうか、ということです。
労働人口が激減していく今だからこそ、
採用者、就労支援者、就活者、三位一体で本気で考えていきたいのです。

どこかに「利」が偏るのではなく、
どこかに「犠牲」が偏るのではなく
それぞれが最もハッピーになれる採用市場づくりを、
今から共に本気で考えませんか?
 
それが、「はたらく手帳」開発プロジェクトです。
そこで、4年ぶりにREADYFOR?でみなさんのお力をお借りできればと思い、
プロジェクトを立ち上げました。
ご寄付だけでなく、ご無理のない情報拡散、応援メッセージも大変うれしく思います。
皆様のできることで、お力添えをいただければ幸いです。
どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします。
 
新着情報一覧へ