クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

火災を受けたミャンマーの難民キャンプにみんなで本を贈ろう。

菊池礼乃

菊池礼乃

火災を受けたミャンマーの難民キャンプにみんなで本を贈ろう。
支援総額
1,070,000

目標 800,000円

支援者
70人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2012年08月08日 13:55

絵本出版作業を進めています

みなさん、こんにちは。

シャンティ国際ボランティア会の菊池です。

 

 

タイ・ミャンマー(ビルマ)国境の難民キャンプに本を届けるプロジェクトにご参加くださってありがとうございました。今日は、私たちの団体で行っている、絵本出版についてご紹介させていただきます。

 

 

私たちの団体では、毎年5~6タイトルの絵本や民話集などの出版をカレン語とビルマ語の2言語で行なっています。私たちがミャンマー(ビルマ)難民キャンプで活動をはじめた2000年には、カレン語やビルマ語で書かれた絵本はほとんどありませんでした。そこで、読書推進と同時に難民キャンプの子どもたちが自分たちの母語を含む伝統的な文化や生活に触れてほしいという願いから、民族の生活を描いた絵本や民話集、民族の歴史などの図書の出版を始めました。2001年から出版を始めて、2011年末までに合計59タイトルの図書を出版しています。

 

(出版した絵本のサンプル)

 

 

(民話集のサンプル)

 

 

今年は、5タイトルの絵本や民話集、ユーモアおはなし集をカレン語とビルマ語の2言語で出版する予定です。

 

(出版予定タイトル)

1. 「Ms. おおきなおしり(Ms. レケーコ)」 (絵本)

2. 「最も素晴らしい愛」 (絵本)

3. 「幸せの谷」 (難民キャンプで開催された絵本コンテストの最優秀作品)

4. ユーモアおはなし集

5. カレン民話集

 

 

8月に入り、最初の2タイトルは、おはなしの選定、絵付け、編集が終わり、印刷の工程まで進んでいます。絵本ができあがるまでもう少しです。

 

(出版担当スタッフがパソコン上で編集していきます)

 

 

3番目のタイトルは、難民キャンプで開催される絵本コンテストの中で、ものがたりコンテスト、絵のコンテストを行い、そこから選ばれた最優秀作品をもとに絵本にしていきます。今は、ものがたりのコンテスト、絵のコンテストが終わったところで、これから編集作業に移っていきます。

 

(絵のコンテストの作品がメーソット事務所に届きました)

 

 

ユーモアおはなし集、カレン民話集については、今おはなしを集めている最中です。おはなしはすべて難民キャンプに住む人々から集めています。

 

 

おはなしは子どもたちの心の栄養につながっていきます。私たちの出版した絵本を通して難民キャンプの子どもたちの笑顔が増えていきますように!

 

 

私たちは絵本や民話集の出版活動をしておりますが、日本の絵本にカレン語、ビルマ語の翻訳シールを貼って難民キャンプに届ける活動もしています。東京事務所で「絵本を届ける運動」という活動をしておりますので、ご関心のある方は、是非こちらのホームページをご覧ください。→ http://www.sva.or.jp/ehon/

 

 

SVA ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所

菊池礼乃

 

一覧に戻る

リターン

5,000円(税込)

お礼状と報告書をお送りいたします。
キャンプの子どもたちが描いた絵のポストカードをプレゼントいたします。

支援者
28人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

お礼状と報告書をお送りいたします。
ボランティアと同じTシャツをプレゼントいたします。
お名前を本に記載して図書館に寄贈させていただきます。

支援者
33人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

*1万円分の引換券
上記に加え、カレンの織物で作ったショルダーバッグ、もしくは小物(どちらになるかはこちらにお任せ下さい)をプレゼントいたします。

支援者
10人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

*1万円分の引換券
*3万円分の引換券
上記に加え、図書館内にお名前を掲げさせていただきます。メッセージを届けることも可能です。

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする