プロジェクト概要

 

 故郷・豊島に活気を!とびしま街道でクルージングを行いたい。

 

はじめまして、西浦弘己です。私は生まれも育ちも瀬戸内海に浮かぶ周囲12キロしかない小さな島=豊島で過ごしてきました。ちっさいころから漁師歴約45年の親父に船で愛媛や大分に行って港近くの温泉や娯楽施設に連れて行ってもらった影響から、海と釣りと豊島が大好きな島っ子です!

 

父が釣りをする様子

 

 

そんな私は、16歳で小型船舶を取得。長年、新鮮な海の幸と柑橘と自然の中で育ってきましたが、7年前に職に就くために広島へ引越しました。広島本土と繫がる豊島大橋により、月に2回ほどは帰郷していますが、豊島のことが気にかかるあまり、以前勤めていた天ぷら屋で、特産品や親父の魚の魅力、美味しさ、柑橘のアピールをしてきました。

 

しかし、依然として高齢化などから豊島に活気がなくなっています。まだ何かできないかと思い、船の免許を活かして海の駅を経由しながら「体験型クルージング」を行うことを決めました!豊島大橋を始め、本土と島々を繋ぐ7つの橋「とびしま海道」を海上から巡ることで観光客を島に巻き込みます!

 

小さい頃から乗っていた父の船

 

 

 7つの島々を経由するとびしま海道から、魅力をたっぷり伝えたい。

 

「とびしま海道」は、広島県呉市とその南東に位置する豊島を含めた島々を結ぶ、7つの橋(総延長:約 5,300 m)の総称です。現段階では、下蒲刈島・上蒲刈島・豊島・大崎下島・平羅島・中ノ島・岡村島の7つの島を経由しています。

 

橋がかかる10年前までは、豊島港から広島県呉市にある田戸港までフェリーで行くしか本土に行き着く手段がありませんでしたが、今では生活には欠かせない橋となっています。

 

そんな「とびしま海道」は、どこから見ても星が近くに感じるほど奇麗な夜空や、海の駅、地元の方とのふれあいが充実しています。ここに来ないと味わえない新鮮な海の幸や柑橘類などを体感いただくたく、このプロジェクトを立ち上げた次第です。

 

とびしま海道

 

 車では回れない瀬戸の島々で体験型クルージング!

 

今回皆さまにいただくご支援は、クルージングに必要な船の備品、クルージングを利用していただくお客さまのための保険登録、船の整備に使わせていただきます。

 

このクルージングでは、車では回れない瀬戸の島々の美しさや魅力を間近で見てもらうため、釣り体験や、あび漁体験などを行っていただく予定です。ぜひ、皆さまもクルージングに遊びにいらしてください!

 

【体験型クルージング詳細】

 

運営期間:2018年4月以降の土曜、日曜、祭日

 

ルート:五日市マリーナ(広島・五日市海の駅→かまがり海の駅→ゆたか海の駅→とびしま街道(とびしま七つ橋、安芸灘大橋・蒲刈大橋・豊島大橋・豊浜大橋・平羅大橋・中の瀬戸大橋・岡村大橋・斎島)

 

料金:5000円〜

 

定員:8~9名(1回)

 

体験:蒲刈天体観測館体験・藻塩体験・カフェ巡り・釣り体験・御手洗の町並み・映画ももへの手紙・期間限定柑橘詰み体験・刺身・海産物の食べ放題など。

 

海の駅の様子

 

 

 「また行きたい」そう言ってもらえる最高のクルージングを。

 

今回のプロジェクトでとびしま海道の魅力をアピールしながらも、故郷・豊島にも観光客を巻き込み、また行きたいと思ってもらえる体験をしていただきたいです。

 

そして、私の同級生をはじめ、家族連れや外国人観光客など、たくさんの方との繋がりを増やしながら、とびしま海道の魅力を発信し続けたいと思います。

 

どうか、皆さまの温かいご支援を宜しくお願いいたします!

 

豊島のお祭り

 


最新の新着情報