プロジェクト概要

 

終了まで残り3日を切りました。

本プロジェクトはAll or Nothingのため、

60万円に満たなければ1円も資金を受け取れません。

是非とも最後まで応援よろしくお願いいたします。

 

 

日本独自の花の芸術文化、デザイン制作装花を
国内外の方に広く知ってもらいたい!

 

初めまして。デザイン装花を制作している花工房美呂美呂の代表 岡じま美呂です。私はフラワーデザイナーの仕事に携わり、45年になります。現在は特許登録取得・商標登録取得した造花装飾の制作工房を行なっております。

私が制作する造花は新たな日本の花文化として生み出した造花です。異素材の組み合わせのちりめんなどの布素材や土佐和紙などの紙素材、レザーなど異素材を組み合わせることで、どこにもない日本独自の造花を作っています。

その造花の中でも「手まりぶーけ」は商標登録を取得しており、和装の花嫁さんはもちろん、お部屋の飾り、母の日のプレゼントなどたくさんの方に楽しんでいただいております。


 

手まりブーケです。


呉服店やブランドブティックの仕事をしていたころ、私は日本の着物や屏風の美しさのとりこになってしまいました。この日本にこんなにもすばらしい文化や芸術があることに感動の日々でした。その影響を受け誕生したのが、「手まりぶーけ」です。

 

日本の文化が詰まった「手まりぶーけ」をはじめとするデザイン制作装花を世界中の人々に知ってもらいたい!そんな思いから今年ギリシャで行われるジャパンウィークへの出展を目指すことになりました。

ぜひみなさまのお力添えをいただいて、ジャパンウィークへの出展を支えていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

 

バッグブーケです。

 

海外でフラワーデザインの勉強をしたとき
日本の芸術文化の素晴らしさを再認識したのです。


造花装飾の制作に行き着くまでに、フラワーデザイナーとして色々な経験をしてきました。ブライダルの仕事やテレビ局の仕事やディスプレーの仕事、花キューピッドの仕事などです。その頃にお世話になった方々は人生の宝物となりました。心より感謝申し上げます。


フラワーデザイン世界選手権大会のインターフローラルールドカップコンペデンに出場ができるよう情熱を燃やした時期もありました。アメリカやヨーロッパの一流デザイナーの方々にフラワーデザインの素晴らしい技術を学ぶこともできました。

 

オランダで20日間余りの研修を受ける機会もありましたが、そこでは西洋の文化と比較し日本がいかに繊細で優美で華麗な芸術文化を持っているのかを知ることができ、日本文化のすばらしさを再認識させられました。

 

しかし、なかなかコンペティションでは思うような結果がでず、デザインを発表しても地方で埋もれる日々が続くそんな時期、生花の仕事やフラワーデザインのワールドカップフラワーコンペデションを辞めかけるできごとが起きました。

 

私の大切な愛する長男が交通事故で二十歳の若さで亡くなったのです。地獄の日々となりました。フラワーデザインの仕事は、生花の命を沢山いただきながら私たちが生きていると思うと、どうしてもこの仕事ができなくなってしまいました。

 

すべての気力がなくなっていたその頃、友人であるお肉屋とレストランを経営してる奥様が「私たちは命をいただいて生きているの、頑張って。挑戦を辞めたら駄目よ」と励ましの心強い言葉をくださり、とても力となりました。

 

その後、日本文化の美しさの虜になった私は心が向くまま「手まりぶーけ」を仕上げることができました。花は私にとって人生そのものであると気がついたのです。

 

しかし、自分が誇らしく思え嬉しかったのも束の間、なぜか他の人のデザインとして本に載せられてしまいました。私のデザインと技術は地方の片隅で埋もれてしまうのかと、切なく悔しい思いがバネになり、まだ造られてない未知の花を模索し、日本の素材を存分に使った作品を作り上げたのです。

 

 

試行錯誤の末4年の歳月を有し、発明協会様などのお陰で無事特許登録取得証「特許第5379319号」を取得し、新しく生まれた「手まりぶーけ」は、商標登録証「登録第5678246号」を取得することができました。

 

手まりぶーけで用いる造花は、異素材の組み合わせの斬新な造花です。ちりめんなどの布素材や土佐和紙などの紙素材やレザー素材など…。制作行程で何度も防水加工、UV加工を施し、花弁や葉などは刺繍を施し、さらに金粉を施し日本独特の優美で華麗な美しさを醸し出しました。

 

和装や着物姿をより一層美しく飾り、お部屋飾りとしてもお使いいただけます。季節の花を存分に使った手まりぶーけはイベントごとにプレゼントとして広くお喜びいただいております。

 

この迎春飾りは2017・2018とデパート・東京の百貨店にて期間限定催事販売されました。これから新たな日本文化として発展できればと思っています。

 

 

この素晴らしい技術を国内外へ
- 今始まる私の挑戦 -

 

この美しいデザイン制作造花は国内、国外でまだまだ知られていません。広く知っていただくためプレリリースとして今回、(公益財団法人)国際親善協会の主催するジャパンウィークに出展したいと考えています。海外の方に日本の芸能・芸術を文化を知っていただく大きなチャンスとなります。

 

今まで最愛の息子の死という辛い経験をして、人生を乗り越えてこられたのは、デザイン制作造花に出会い、発展させたいと取り組み続けられたこと。そして、完成度が向上し進歩していくたびに喜びを感じていたからです。

 

私は若くありません。今やりたいと思っていることを先に送ることは出来ません。息子が今を一生懸命生きることを教えてくれたのだと思います。

 

今回のプロジェクト内容

 

今年ジャパンウィークはギリシャのアテネで行なわれます。特許登録取得、商標登録取得の造花で、独自の造花装飾デザインの「手まりぶーけ」やインテリアフラワーボックスなどを外国の方にご披露してきたいと思います。

 

また出展ができると親善大使として、現地の学校や老人ホームにこの造花装飾を持ってプレゼントすることができます。日本の学校や老人ホームなどのことをお伝えすると同時にギリシャの学校や老人ホームのことも勉強して帰りお伝えしたいと思います。

​​​

しかし、この祭典・展示会に出展・出席するためには、多くの資材費や出席者スタッフの会費・旅費が必要となります。ぜひ私の挑戦を皆さまにご協力いただきたいと思っております。どうかご賛同・ご協力をよろしくお願いいたます。

 

▶イベント詳細

開催日:2019年11月22日~28日の7日間

開催地:Megeon Athens Conoen Hall Vas Sofias Ave. & kokkalist .11521 Athens Greece

 

▶資金使途内訳

渡航費・滞在費・交通費(3人):822,000円
展示物の資財費:300,000円
リターン準備費・郵送費:360,000円
手数料(税込):162,000円
委託費用(税込):50,000円


必要金額合計: 1,694,000円

※この内の60万円のご支援をお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

人生は挑戦。目指すは全国への普及。

 

今後のお仕事の展望として、日本各地にある素晴らしい紙素材や布素材を新たに取り入れて、造花装飾体の開発、発展に取り組み制作し、全国各地で、この造花装飾体を一緒に制作してくださる方々を探していきたいと思います。

 

その後、造花装飾体の制作装花デザイン全国大会を開催し、この地元高知県に観光客の方々が沢山来てくださるように地元の発展にも貢献していきたいです。

 

いつまでもこのデザイン制作装花が作られ続けるよう、将来地元の産業として若い方々に受け継いでいただくためコツコツ必死に努力しておりますが、私たちは若くありません。今実行していくことは先に送ることは出来ません。

 

ジャパンウィーク出展も今しかないのです。人生なにごとも一生懸命生きていたら、必ず願いは叶えられることを若い方々にも伝え、それが希望を捨てずに生きていける励みとなればと思っております。

 

花工房美呂のジャパンウィーク出展にむけてご協力よろしくお願い申し上げます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

特許工法の造花をリターンに

 

リターンは金額により展示会のご報告写真又はこのデザイン装花(造花装飾体)をお届けさせていただければと思っております。

 

作品などは帰国後より制作することとなります。又手づくりですので、制作期間が必要となりますことを予めご了承くださいませ。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd