みなさんこんにちは。i.clubの神田です。

 

 

今日は、私たちが酒粕を提供していただく気仙沼の蔵元「男山本店」さんについて紹介します。

 

 

今年で創業100年を迎える男山本店。
創業から現在まで「伏見男山」という銘柄で気仙沼を中心に販売を続けていましたが、10年前からは「気仙沼らしいお酒を造って販売しよう」と気仙沼の風土を活かした「蒼天伝」という銘柄を販売していらっしゃいます。

 

 

 

 

この「蒼天伝」はスローフードジャパン「燗酒コンテスト2014」で最高金賞、「インターナショナルワインチャレンジ2014」でGoldメダル受賞など、国内外で大変評価されているお酒なんです!(飲みやすくてとってもおいしいお酒でした!)

 

 

震災では、国の登録有形文化財にもなっていた本社屋、倉庫が津波により全壊するという被害にあわれましたが、酒蔵は門の数メートル手前で被害を免れ、震災翌日から醸造を再開しています。

 


(男山本店の酒蔵の入り口)

 

当初、従業員の方々には、「人々が不便な生活をしている中、お酒を造っても良いのだろうか」という思いもあったそう。ですが、「地元の生産者として気仙沼を盛り上げてほしい」という地元の方からの熱い応援を受け、お酒造りの再開を決意したそうです。

 

 

気仙沼の豊かな自然を活かし、地元の人々の思いを胸に酒造りをしていらっしゃる男山本店さん。

 

ミルキーウェイではそんな気仙沼の人々の思いがたっぷり詰まった酒粕を使用します!

 

 


 

 

 

新着情報一覧へ