プロジェクト概要

 

今年49回目の開催を迎える、一橋大学全体の学園祭「一橋祭」

 

マスコットキャラクターである「ぽん吉」の着ぐるみを作って、もっと多くの人に一橋祭を知っていただき、魅力を伝えたい!

 

 

長い歴史を持つ一橋大学の学園祭「一橋祭」 大学だけでなく、天下市・くにたち秋の市民まつりとも連携し、企画を行なっています。

 

こんにちは。一橋大学の学園祭である「一橋祭」を運営している、一橋祭運営委員会です。地域の皆様、大学を卒業された先輩方など多くの人に支えていただき、今年で49回目の開催を迎えます。

 

この歴史ある一橋祭は、数多くの魅力がある学園祭です。私たちはもっと多くの方々にその魅力を発信し、1人でも多くの人に知っていただき、来場していただくべく、日々活動しています。


また、地域の皆さまと連携している点が、ほかの学園祭にはない大きなアピールポイントだと思っています。かつて合同開催していた天下市・くにたち秋の市民まつりと現在も連携し、企画を行っています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
一橋祭当日に円陣を組んで士気を高めます

 

 

昨年は、伝統の企画や、著名な方の講演など280の企画が行われ、5万人もの方に来場いただきました。

 

昨年の第48回一橋祭では、子ども・受験生・近隣住民など幅広い層の、計約50,000人もの方々にご来場いただきました。模擬店やステージ、装飾など、280の企画が行われ、多くの学内生も参加しています。

 

特に多くの来場者を惹きつけているのが「目玉企画」という名の企画です。昨年はプロ棋士の加藤一二三九段や、『空想科学読本』でおなじみの柳田理科雄氏にお越しいただき、会場は多くの来場者で埋め尽くされました。

 

また、一橋寮歌祭・クラブ対抗歌合戦や一橋大学管弦楽団による祝祭管ライブなど、昔から心をつかんで離さない恒例企画が多数存在しています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
一橋祭の顔となる、正門の装飾

 

 

三祭の連携がなくなったことでいただいた「今年の一橋祭はいつやるの?」の声。楽しみにしていただいていたのに、本当に悔しく不甲斐ない思いでした。

 

一橋大学自体がその創立期から国立市と密接な関係を持っており、地域の方々が一橋祭に対して好意的に接してくださっていることもあって、第1回から第47回までは、地域の方々と密接な連携を取り、地域のお祭り二つと合同で行っていました。

 

しかし、昨年度、大学の制度が変わり、日程をずらすことを余儀なくされたため、一橋祭運営委員会は、この合同開催を続けることを断念しました。地域の方々との連携は今も続けてはいるものの、来場される地域の方は大幅に減ってしまいました。

 

けれど、そのような状況下でも、私たち一橋祭運営委員会は来場してくださる方を増やし、来ていただいた方に楽しんでいただくための努力を間断なく続けております。

 

来場した方からも「三祭の連携がなくなったことで、活気が失われるのではないかと心配だったが、学生の若々しい力を感じることができて安心した」という声をいただきました。

 

一方で、一橋祭開催期間の後に「今年の一橋祭はいつやるの?」とのご質問をいただいたことがありました。地域の住民の皆様に一橋祭の情報をきちんと届けられず、楽しんでいただけたはずの方々に一橋祭を楽しんでいただけなかったことは本当に悔しく不甲斐なかったです。

 

一橋祭は地域の方々・子ども・受験生・卒業生と広い層をターゲットにしており、それぞれの層に焦点を当てた企画をご用意しております。しかし、情報が届いていないことでまだ一橋祭を来場していない・知らない人も多くいるはずです。

 

第47回からマスコットキャラクターとなっているぽん吉の着ぐるみを作ることで、話題を呼び、一橋祭を知ってもらい、興味を持っていただきたいと考えました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
一橋祭当日に盛り上がる兼松講堂前

 

 

ぽん吉や一橋祭の認知度向上を図りたい...そこで思いついたのが、マスコットキャラクター「ぽん吉」の着ぐるみ化計画でした。

 

ぽん吉は、第48回まで行われていたマスコットキャラクターグランプリで連覇し、第49回において公式マスコットキャラクターに制定した可愛いたぬきのキャラクターです。

 

このぽん吉や一橋祭の知名度を上げるために思いついたのが、ぽん吉着ぐるみ化計画です。ゆるキャラが台頭する今日、ぽん吉はそれに匹敵する可愛いさがあります。着ぐるみとして、身近な存在になることができるのではないかと考えました。

 

今回のプロジェクトでは、皆さまからいただいたご支援でぽん吉の着ぐるみを1体制作いたします。

 

この着ぐるみは一橋祭期間中だけでなく、連携している地域の祭である天下市やくにたち秋の市民まつりの際や、学内における一橋祭事前情宣の際など、多くの機会で活用させていただきます。


一橋祭では、地域の子供たちを笑顔にすべく、子ども企画に登場します! また、一橋祭の魅力を多くの人に伝えるために、キャンパス内のあちこちに登場して祭りをより一層盛り上げます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ぽん吉が着ぐるみなります!

 

 

この先も、より多くの人の心に残る一橋祭を。

 

可愛いぽん吉の着ぐるみによって、いつも大学構内で遊んでいる子どもたち、一橋祭の子ども向け企画に来てくれた子どもたちが笑顔になってくれたら、日々支えてくださっている地域の皆さまへの恩返しにもなれば嬉しいです。

 

そして、OB/OGの皆様へ。私たち第49回一橋祭運営委員会は、マスコットキャラクターを昨年と同様の「ぽん吉」に制定いたしました。そして、一橋祭を年代問わずより多くの人に知っていただくために「ぽん吉」を着ぐるみにするという方法を考えました。

 

一橋祭でクラウドファンディングは初の試みですし、マスキャラ固定化がそもそも初めてです。初めてのことばかりで不安も大きいですが、その分、一橋祭の魅力をより発信していきたいという思いも大きいです。

 

是非ぽん吉着ぐるみ化実現のために、先輩方のお力添えをよろしくお願いいたします。

 

今年も一致団結し、一橋祭成功に向けて邁進します

 

 

リターンについて

 

ここでしか手に入らないぽん吉グッズです! クラウドファンディングのリターン限定で制作いたします!

 

ご支援の口数に応じて、返礼品の内容が変化するようになっています。最大30口までご登録可能です。

 

ぽん吉のポストカードやクッキー、Tシャツなど非売品のグッズ。また、大口の寄付をしてくださった方には、国登録有形文化財である兼松講堂に代表される、文化的な香りただよう一橋大学構内をぽん吉の着ぐるみと当委員会の委員がキャンパスツアーいたします。

 

【1口】直筆のお礼状、一橋祭公式パンフレット
【2口】直筆のお礼状、一橋祭公式パンフレット、ポストカード
【3〜4口】直筆のお礼状、一橋祭公式パンフレット、ポストカード、ぽん吉クッキー
【5〜9口】直筆のお礼状、一橋祭公式パンフレット、ポストカード、ぽん吉クッキー、Tシャツ
【10〜29口】直筆のお礼状、一橋祭公式パンフレット、ポストカード、ぽん吉クッキー、キャンパスツアー
【30口】直筆のお礼状、一橋祭公式パンフレット、ポストカード、ぽん吉クッキー、キャンパスツアー、着ぐるみイベント1日出張(交通費など別途費用は負いかねます)

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd