先日、目標金額の達成を報告いたしましたが、そのあともご支援をいただき、皆さまのプロジェクトを見守ってくれている温かい気持ちに大変感謝するとともに、このチャレンジを通してオープンに向けてのやる気がより高まった気がします。準備を進めているカフェの備品購入の費用に充てさせていただき、皆さまの想いがこもったカフェにしたいです!

 

チャレンジは月末まで続きますので、ネクストゴール150万円を設けさせていただきました!リターンに関しまして、皆さまからの予想を上回るご支援のおかげで売り切れが近く、ネクストゴールに向けて新たに調整いたしました。

 

井仁にお越しくださった方々に「棚田米」を120%楽しんでもらいたいのですが、そのための設備費用が必要となります。お米は炊いたご飯だけでなく、米粉として調理に利用することができますので、米粉でできたパンやピザ、デザートを作るための製粉機を購入したいと思っております。

 

カフェの計画が始まってから、自然に恵まれた原風景を思わせる井仁の棚田にどのようなカフェをつくることができるだろうかと、日々考えております。最近は、田舎で古民家を使ったカフェやオーガニック、無農薬などを売りにしたお店が様々な地域で生まれていますよね。私もそのような自然派志向で田舎らしさが感じられるお店に憧れますが、地域おこし協力隊となって中山間地域に移住して2年、まだまだ学ぶことが多く、理想をいきなり実現するのは難しいというのが本音です。

 

 

しかし、この2年間、井仁の棚田で活動しながら、自然と人の営みを知りました。自然との向き合い方や楽しみ方は様々ですが、私は運動がそこまで得意というわけではないので、アウトドアのようなアクティブなことよりも「農ある暮らし」に惹かれました。四季折々の自然の恵みをいただき、気候に合わせて作物を育て、何か作り出すという、衣食住と結び付いた自然との向き合い方です。「棚田カフェ イニ ミニ マニモ」も井仁の棚田の衣食住がエッセンスとして加わったカフェになれば良いなぁと考えています。

 

話が長くなりましたが、この思いを形にするためには、これからが正念場です!現在進行中である「棚田カフェ イニ ミニ マニモ」を少しでも皆さまに応援していただけるよう頑張りますので、引き続きご支援お願いいたします!

 

新着情報一覧へ