いつも応援いただいておりますみなさま、本当にありがとうございます。

1ヶ月半ほどございましたプロジェクトも残り4日になりました。

 

ドアが開けば開くだけ資金がかかる事業になりますので、

残り4日間、全力をつくし600万円を目指していきたいと思います。

最後の最後まで応援お願い致します。

 

 

先日、「タクシー代を払うので訪ねてきてください」とお伝えしたところ

「タクシー代支払うなんて太っ腹だなあ」という声もありました。

 

もちろん、経済的に余裕があるわけではありません。

 

育てられないと困っている人が「行ってみよう」と思えるなら、

なんだってしようと思ってタクシーの利用を呼び掛けています。

 

 

18日にも胎盤が絡みついた新生児の遺体が遺棄されていたとのニュースを目にしました。千葉県東海大学付属市原望洋高校校舎裏の砂地の上で見つかったそうです。


今年に入って、新生児の遺体遺棄事件は私の知っている限りでは、

そして発覚された事件に限って言えば8人目です。


無残にもまたひとつ、計り知れない可能性をもった、

かけがえのない、大切ないのちが、生まれてすぐに奪われました。
そしてその傷を負った女性がまた一人増えました。

 

こんなこと繰り返していてはいけませんね。

そのためにも、いのちの小さなドアを訪れる壁をできる限り減らしたいのです。

 


マナ助産院のあるひよどり台は神戸や三宮から車で20分、

新神戸駅からは15分ほどの所にあります。

 

どこに出るにも便利なのですが、交通機関はバスのみ。


なので、小さないのちのドアを訪ねてくださる方には「神戸駅や三ノ宮駅などからタクシーで来て」と呼び掛けているわけです。診察代や宿泊費も頂くわけではありません。

 

 

皆様からのご支援でなんとかやっていきたいと思っています。

クラウドファンディングは後4日で終了します。

もしよろしかったらご支援お願いします。

 

新着情報一覧へ